名古屋駅という魔宮の金時計という場所で待ち合わせをして

とりあえずご飯

相手は残念ながら男だ


めっちゃ高いところにある
普通のパスタを食べ

街へ繰り出す


目的の雑居ビルに着く

まず入ったのが9階

9階は星の欠片を集めるお手伝いをするお店


ソフトドリンクで入店すると

30分 800Leaf

日産の電気自動車ではない

アルコールだと1500Leafだったけな

どうやら僕らは星の欠片を集める適性があったらしい


星の欠片を集めるお手伝いをした後


そのまま8階へ

30Leaf 300Leaf-600Leaf
赤3鳴50Leaf
G代350LeafのTop賞200Leaf

オーソドックスなC東南

名古屋あるあるのドリンク代もきっちり取られる
200Leaf

名古屋の東南はアガ連がメイン
ここもアガ連

途中流局は一切ない

やや変わってる気がしたのが、トリロンも清算

トリロンも清算にしたほうが回転が良くなると思っていたのだが
以外とトリロン清算の店はレアな気がする

卓はルーレットボックスレックス初期型

オーラスに2着落ちを打った3着と道中無限に調子よく南入してからまあ暇だった運だけトップ

アガリ連荘で思ったことは

点棒持つと暇

リスクが低いので中終盤5枚切れ両面で平気で曲げる

あってるか知らんが

50Leafを失い

赤いのを集めて前に倒すコンセプトカフェに割く時間も過分には取れない



ビルを下りながら営業している店を探したが

まだ、なかった

急遽9階で星の欠片を集めるお手伝いに戻る

なかなか忙しい

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日かれこれ観測史上 生涯打数が5000戦を超えた

5000戦はまだまだなのだが

一応一区切りである

5000打数達成に特に何という感情もわかないし

5000本目を打ってる時も全く意識してなかったのだが


条件付き東南5000戦

役満和了 多分5回 小四喜四暗刻単騎四暗刻大三元四暗刻
役満放銃 多分3回 国士無双13面面前大三元国士無双
役満被ツモ 全然覚えとらんぐらい数多
流し和了 1回
トリロン放銃 確か2回
南入 5回ぐらいな気がする


といろいろなイベントがあったのだが

オーラス勘違い 5回ぐらい
誤ポン 5回ぐらい

とまあ根本的なミス系のイベントもそれぞれ5回ぐらいやっている

不思議と誤チーというイベントは発生していない

ちなみに1打目「あっ。ドラだ。」は数知れず


そして錯和と書いてチョンボと読む
3回ノーテンリーチを放ち2回罰符を払いました

関係者各位様その節はご迷惑をおかけいたしました


で、ちょうど5000戦目を意識していたわけでもなく
ちょうど5000戦打ったんで今日はこれで終わりです

ってこともなく打っていた

そして

5001戦目オーラス親番
上二人とだいぶ離れている3着目から
36索でリーチを打った

宣言牌が鳴かれトップ目から6索が出る

「ロン」六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索赤:麻雀王国九索:麻雀王国九索:麻雀王国九索:麻雀王国

あれ???



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


460戦

133-93-144-90

という奇数ばっかのときがあった

3着率が31%

3麻かよ


この時は
ひたすら祈ってたら脇が落ちてきた
みたいなラッキーな事案が多かったからラス率が下ブレたからってのがそれなりに大きい印象


にしても3着が多い

初期は2着率高い系雀士だったのに...



着分布ってオーラスムーブ以上にラス前ムーブに起因すると思っている

厳密にオーラスムーブは正解がわかりやすいが
ラス前ムーブはプレイイング差の範疇で多岐にわたると思っている


どっちが正解なのかよくわからんが

ラス前にここで押し切ってとか頑張ってあがって
トップ目でオーラス迎えれば降りてりゃ大体2着
みたいなムーブが昔より減った気がする

逆にここ頑張ってうまくいけばトップケース結構多いです
死ぬと3着争い熾烈ですみたいな戦いに勤しんでいたきがする


もはや東発東2での打点意識が昔より高くなってんのかも(打点意識が高くなると降りる機会は増える)しれないとかもあるんだろうけど


で結局そんなことはどーでもよくて



ブログタイトルを「もはや3番目の男でいい」
に変えるか

でもこれ2着でもいいやって気持ちがトップ率と3着率(ラス率)を下げて2着率をあげていたと考えると
もはや「あなたの1番になりたい」
ぐらいのが正着なのか


間とって今のままでいいや

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ