そもそもなぜプロになったかというと

そう短くはない期間雀荘のメンバーをやっていて打数も伸び
麻雀に対してそれなりに自信があった

から、それがどんなもんかを試す場を求めた

っていうのが1番大きな理由

でもういっこがやってみたかったから

好奇心の延長のようなとりあえずやってみよう思考
やってみなくちゃわからない
って奴

でそもそもの目的は達成できたかというと
自分の実力に対して大きく自信になることも
大きく至らない部分感じることもなかった
要はできなかった

まあそれはしょうがないと思っている

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前項で良かったことを書いたが
それでも辞めるのにも理由がある
これも大きく3つ

「時間」「お金」「気持ち」

1つめ「時間」
生活が大きく変化していまは地方の雀荘でお世話になっている。
なかなかリーグ戦ないし大会に対する都合が付かず参加することが困難になってくる。

2つめ「お金」
具体的な金額は書けないが年会費や大会登録費とか結構お金がかかる。他方プロであることによる恩恵で増える金銭はほぼない。強いて言うならこのブログの記事になるぐらい。これは自分の場合であり営業努力が足りないとか、まぁ色々突っ込むところはあるかもしれないが、自分の場合は麻雀をする場を求めてプロになったので趣味と割り切っていたので良かったが
無い袖は振れない。
ちなみに参加率とかに大きく変動するが僕の場合は通信費と同じぐらいかかっていた。キャリアとか諸々は教えないけどね。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


日本プロ麻雀協会というところに所属していたのだが辞めた

やっていて良かったことは大きく3つ
1つめは同じ趣味を持つ人と多く出会えたこと
2つめはプロの肩書きを貰えたこと
3つめはフリー雀荘とは違ったルール・システムで競技できたこと


1つめは言わずも
まあ周りはみんな麻雀は打てるしそれなりに麻雀は好きで
そんな人脈がいっぱい得られたことには
一番最初に楽しいがくる

2つめ
プロの肩書きによってすごく直接的に何かを得たということはないが
話題性があるのと、特に麻雀を知らない人ないしライト層からのイメージは良い
このゲームに対して真剣に向き合っている人というイメージはつく
出会い系の自己紹介にも書ける


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ