2番目の男で良い(仮)

麻雀はあまり好きではない


http://npm2001.com/test.html

論述問題

16前
Q.プロになったらやりたいこと
(400字)
A.リーグ戦に出場し,技術を磨く.同時にいままでなじみのない競技ルールへの挑戦がうんぬんかんぬん
かけそう

15後
Q.ネット配信についてあなたの考えを述べよ(【ニコニコ生放送】 【AbemaTV】というワードを駆使する)
(字数なし)
A.プロの麻雀をより手軽に見れるようになってプロ団体により親しみやすくなった.
というニュアンスなんだが【ニコニコ生放送】 【AbemaTV】を使うのは難題だな.これらのネット配信に対してある程度理解していなきゃいけないってことでしょ??
んー,これらのワードって結局
PCで簡単に見れるニコニコ生放送や麻雀チャンネルがあるAbemaTVのおかげでプロの麻雀を手軽にみられるように,見せられるようになり(以下ほにゃらら)よくなった.
ぐらいの使い方しかできないな

15前
Q.オーラス.何を上がっても打ってももう空気.あなたはどうしますか?
(字数なし)
A.序盤からできるだけ鳴かせないようになおかつできるだけ放銃しないように,他者の同士の勝負を,当事者間で決着がつけられるように配慮をする.

14後
Q.放送対局でどんな問題があるでしょうか??
A.現在無名なプロに均等な機会やきっかけが与えられない.
か,各競技者がスポンサーをつけられる機会なのにつかない.
まあ前者で書きそう

14前
Q.観戦記書け.
これは難しい.仕掛けが入った時のそれぞれの手恰好とりあえず書いてみて
条件考えてみて
各々の動き書けばできそうか.
時間足りるかな.後日やってみよう.

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



2018011510gm-0061-0000-e7ecb1dc&tw=1&ts=0

これ当然のべた降り

2018011510gm-0061-0000-e7ecb1dc&tw=1&ts=01

一発目に②じゃなくて⑧をきり間違えているのは置いといて
追っかけが入って手詰まり

とりあえず親の現物の③
先制の現物はやや通りやすい&あたったときの打点が高くなりにくい。
(僕は高打点ゲンバリ曲げるけどね)

2018011510gm-0061-0000-e7ecb1dc&tw=1&ts=02


もう手詰まりの最終形

手詰まりのときの基本
A 枚数の多いものを処理する
B 打ったとしても安いものを処理する
C 開き直ってプッシュする

これ候補は2順しのげる七
Aにパーフェクトマッチする⑥
C案の形式上イーシャンテンになる1

ただC案を採用できるような手格好ではない
後手愚形低打点
三拍子そろってしまっている

じゃあただの無筋七vs4枚持ち⑥⑨無筋

僕の選択は⑥
たしかに統計上アンコ筋は危ないがしかし
危険度の上昇があまり大きくないこと
に対して3枚(4枚)安パイが増えることの意味は大きい

ただ序盤ならの話
終盤なら横移動等の決着が安パイ使い切る前に起こる公算が高くなってくる
8順目で先制親のリーチが良形くさい(初打⑤で形が決まってそう)
から七でも良さそう。けれども、受けたときの序盤終盤判断は通っている筋の本数で判断したほうが得策な気がする
(明らかにツモが数えるほどないときを除いて)

これ同時に裏筋でもあるが
形決まっている裏筋っていう数字を持ってないが
裏筋はただの無筋よりやや危ない程度
だし他の無筋と対比したとき良形で形決まっているのであれば
他の無筋と対等なのは少し考えてみればわかる

ただし、愚形浮き牌良形の場合

具体的には
一二七八九②②③⑤⑦⑧115
これなんかは裏筋になる⑤から切ることが多いと思われる(一切る人も少なくはないと思うが)
裏筋はやや危ないがしかし
数字の上では微差
さらにいうと今回はこのケースは否定されているので(⑤→②の切り出しにより愚形埋まり否定)
⑥⑨は他の無筋とフラットと考えて良さそう

ちなみに⑤→②の逆切りにより
②が関連牌の公算は大きいが
良形良形で形の決まったシャンテンなら余剰牌として②を残すケースのほうが多そうなので
手格好が①④④④とかなでも④切るかな

この場合14枚をランダムに選出してシャンテンで余剰牌ありの形が
シャンテンの中で何パーセントを占めるかで数字は決まり
具体的な数字を持っていないから体感になってしまうが。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


16期後期

http://npm2001.com/pdf/pro-test-16kouki-ronj.pdf

Q.巷の雀荘の多くではダブロン,トリロン採用されているけど
競技ルールでは採用されていないのはなんででしょうか.
400字以内.


これなかなか難しいな.
フリー雀荘でダブロン・トリロンが採用される理由は説明できる.
(大きく点棒が動くと,飛びやコールドが起こりやすくなり,回転が速くなりやすいから)
逆は何とも言えない.

ダブロン・トリロン採用のデメリットは一撃で多くの点棒が動く
要するに荒くなる
競技の世界ではできるだけ荒い要素を廃止した方が良い.
なぜなら,運否天賦ではなく技術を競う場にしたいから.

という旨をうまく表現できればいいのかな.

あるいはアプローチとしては
麻雀というゲームにおいて,複数人に同時にアガリが発生することに対する(否定的な)見解を述べた方が問題の趣旨てしてはあってそう.

まあルールに対する考え方って名残とかそういう部分が多いだろうから,書けば何でもいいんだろうけど.

A.
ネット麻雀やフリー雀荘ではゲーム毎にゲーム代を取っていることが多いため,飛び終了などの速くゲームが終わりやすくなるダブロン・トリロンを採用することが多い.反面,競技ルールにおいて不安定な要素はできるだけ排除して,技術の介入する要素を強くする必要がある.ダブロン・トリロンは偶発的な要素が大きい上に,一度の放銃で大きな失点を生んでしまい競技としての側面が小さくなってしまう.それを防ぐために麻雀プロ団体ではダブロン・トリロンが採用されていないと私は考える.

これで227字.もう少し膨らませていいらしい.


どうせ書けば何でも良さそうだから
テキトーに過去問眺めるだけでいいや.400字で30分もらえるなら,ゆっくり下書きしても間に合いそうだし.

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ