44人で半荘3回やって28人が4回戦へ
うち12人が準決勝へ
うち4人が決勝へ進めるシステム
ポイントは全て持ち越し

1回戦
横移動眺めたりノーテンバップ払ったりツモられたりと
全然参加できないなと思いながら
南1局
親に白發の仕掛けが入る
どら8で萬子と索子をペチペチ切ってたので
筒子切りたくねーな思うてたら
手出しで⑨⑦と払ったところからしばらくして手出し六
これはまずい
なにかしら満貫の寒気がすると思いながら仕掛けてる親の筋だった3を切ったら
親がロンという
心底はねまんで済め
っと思ったら

33八八中中中 ポン發 ポン白

「48000は48300」

はい、おめでとうございます
と思いながら点棒を3万点借りる

けっこうやばそうな親相手に完全に降りる選択肢もあったにはあったが
そんなことをしていては一生優勝できないという判断で押した牌
この時の手牌は上がれる公算がそれなりに高く上がれば今日1日有利に戦えるという判断で手組みをしていて出ていった牌
ただ絶対通る確証はなかったとはいえ
当たるとはそれも確定大三元でとは思っていなかった

けど初戦のまだ南入したばっか

この程度で折れるほどヤワなメンタルじゃないわと思いながら
冷静に現状何ポイントマイナスでまあまあなトップでこの負債を返済できるか考えながら
3着ももう遠いので出来るだけ素点を稼ぎ無駄に失点しないかに切り替えた

まあ親はもう1回やらせてもらうけど

2本場
受けて降りる
気持ちが前かがみになりすぎてなく良かったと思う

連チャンされて
続く3本場

軽く役牌をここは急所と仕掛けて1000は1900

親 横移動おわり

ラス前
横移動おわり

オーラス
つもればまんがんの先制聴牌
当然の即リー
でかろうじてツモれて
-76.1ptで済んだ

2戦目
ここで最低でも2着
てかふつーにトップ
できれば大きいトップが取れないと
よもやさようなら

手牌に恵まれて東発の親で少し稼ぎ
展開も30000点行ったり来たりのトップ目のところから


東4局
きたる配牌と第一ツモ
一一三六九九①①566西西中

きたるチートイの一向聴
ドラはなんだか忘れたが持ってない

人生初といっても過言ではない
第1打縦固定の5
このままほとんど動かず先制を受ける
そして追いつく1切れ中単騎
出て行く牌が嫌ではあったが押してリーチ

数巡後ツモ
裏ドラ表示牌から發が出てくる
3000,6000

でここから首尾よく行き+76.1

次トップで4回戦進出は間違えないだろう
と思ったらが縦長な展開でボーダーが思いの外低い

現状超えていたのだった

3回戦
東発におれにとっとは微差な点棒移動があったところから
親番

ドラ南で下家が⑨をリャンメンチーしたところからもはや全部の色が安い

もう筒子も字牌もなにも切れない手格好だったのでおりてたら
被る4000,8000
と思っていたら今度はツモる3000,6000

南1局
先制リーチを受けてとりあえず
現物を切ってたらなんとツモスーの向聴

ところが2件目を受けて
ポンテン入れて切り遅れっと押したら放銃してしまった
本当に切り遅れだがまあじゃーないと思っている
2度目の親はぱっとせず次に親にツモられ地獄に入られ3着目でオーラス

2着目と3400点差
トップは遥か彼方

西家ドラ③

3巡目
①②③⑥⑦⑧⑨236発発西

ここから1チー
1番いいとこから鳴けたといっても過言ではない

西を重ねて西をツモって1300,2600
-7.7ptの2着

4回戦へ突破できた

4回戦
準決勝行くには5万点トップが必須だろうって感じだった

おりにおりておりる苦しい展開
北家スタートで確実に2度親は回ってこないと踏みながら親で頑張る

ある局で
①⑥⑥⑥⑦⑧⑨ ミンカン白ミンカン北
でドラなしって聴牌したんだけれども
これ⑥カンしてもドラ乗らなきゃ打点変わんないんだなぁと思ってた
カンできずにツモったけれども

でこっから満足に点棒を稼げずに敗退

去年と同じ準決勝行けずで終わってしまった
が、去年より満足な内容だった