全赤さんまについて少し考えた


まずリーチ基準

やくありリャンメン跳満はダマ
満貫も4本折れ→5本折れのリーチは原則打たない

ただしおいぱんは打つ

やくあり愚形もダマ
ただしはねまん以上の2軒目なら曲げ

倍満はダマ

聴牌取らずはほとんど禁止
手替わり見てトリダマはあり


次は仕掛け
遠くて安い手は鳴かない
チーもなし仕掛けることによる速度アップが薄いのに対し圧倒的に手詰まりやすくなる

ただし簡単なポンテン1000点とかはしっかりとる

1鳴き3向聴とかはうっかりチートイ目とか考えると得はない


押し引き
あまりに手牌がキラキラしている時や
露骨に安そうな時以外は親への放銃は絶対悪

あがりの平均が5本折れ以上だと思われるので親の1.5倍の攻撃力の違いの意味がでかい
よんまの子の平均5000点ぐらいが親だと平均8000点ぐらいになるのとはわけが違う

子供の時は捌きの手組も極めて大事
相方の子と捌きに行くことをよしとする構えで露骨にたかそうな時を除き甘めに打つ


というのが親と子を強く意識しながら数日打っていてこんなもんかなぁ

ってなった

基本的に曲げると露骨に出ずらくなる
+
手に蓋をするのが結構重い
ってはなし


でね、この感じでまあまあ考えていた1日目

12122123321313333123223331333331312

9+9+17=35
-40LP近く行く

半荘で2回役満親かぶったり
オーラス役満条件突破されたり

そしてこちらの渾身の2局連続
国士無双聴牌は不発
クソ速かったのに

でやってきた2日目

3223113112332212111

8+6+5=19
+7LPぐらい回復した

2000点持ちから字牌しか引かなくて2軒リーチ受けて両方あがれず流し役満成立あがった半荘に飛びラス食った

とか
おいぱんの愚形オープンに一生1発で掴んでたりとか

結局このゲーム
普段のよんまとの違い見出すんじゃなくて
これ違うゲームだ
0から組み立てなきゃ

って感じな気がするなぁ

かてねぇなぁ