協会の先輩でAリーガーの堀さんの本

煽るようなタイトルが少し話題になった

端的な捉え方に対する安易な考えを咎めるような内容が多いと思った

たしかに多くの局面で
過剰にかつ端的に捉えすぎている面を考え直させられた

大局観が綺麗にまとまった印象

個人的に興味深かったのが
強気のダマのお話

フリー雀荘でロングに打つに当たって全部テキトーに曲げときゃ良い(損な選択であることが少ない)理論からまあ打っちゃいそうな牌姿から
強気のダマという言葉を聞いて意味を読んでみたら強い選択だなと思った