麻雀のあがり形は基本的には
4面子1雀頭で構成される

例外として
七対子・国士無双というのも認められているが
これらも基本的には自分の手牌13枚+あがり牌1枚で構成される

そして
それ以外にも例外中の例外で
フリー雀荘で多く採用されている
河で作る 流し役がある
ヤオ中牌のみを切って流局して成立する
流し満貫
通称長嶋茂雄名誉監督

お値段満貫がスタンダードな気はするが
条件付き東南戦だと倍満だったり
サンマだと役満だったり
とローカルルール故にローカルな部分が多い
埼玉の店で鳴かれたら跳満鳴かれなければ倍満みたいな店もあった

フリー雀荘だと面倒を回避するためにあがり扱いで積み棒本場全部回収するのがスタンダード
天鳳だと流局扱いでややこしいルールが採用されている(詳しくは知らんが)



で、これが倍満の店で
もらった
仕掛け一切無しの北家
上家からリーチを受けていて12巡目
我が河に黙々と並ぶヤオ中牌
残ったヤオ中牌 3枚(暗刻持ち無筋)

残りツモ 4回のうち2回ヤオ中牌

降りようと思えば楽勝で降りれる手牌だが

他のあがり(聴牌)ルートまあまずない

場1500の2本場で点棒状況はノーテンバップが移動した程度
(リーチ者が2度ノーテンバップを払っていて自分が1回払っていての3着目)

これ山の20%程度がヤオ中牌であれば
全て通って流局したとして流しは20%程度成立する
2本場(場千五)で供託もあり倍満さえ上がってしまうと格段とトップ率があがり格段と平均着順は良くなる(放銃が格段と悪くなるのもしかり)
局収支だけ考えれば良さそうだが

実際には山にはもう少し多い枚数(30%以上)いたと思うので35%程度成立するかなぁって感じ

んーパッと①押して(多分放銃20%ぐらい平均7000点ぐらい)
和了率35%(倍満)
平均打点諸々足し算するとめちゃくちゃ見合ってそうな雰囲気を出してきてるけど
これ流局しないケース,消されるケース
結局成立しないんじゃね?
さらにこのあと持ってきたヤオ中牌さらに押させられるケースの放銃とか結局押すの茶番じゃね?
これ厳密計算するには
流局する確率をを求めて
(下家は気がつかないと信じて)鳴かれるのは無視して
流局した時の35%で成立でリーチ者の和了率が3人降りだったとしてもトータル20%近くあるわけだし
流局なんていいとこ70%
だと成立するの25%ぐらいだけど
これだとまだギリギリ見合いそうだけどな
これ押さないと-1000点スタートってのもネックなのだが

こんな難しいことを考える時間も特にあるわけもなく
これ本当に見合うのか?
と思いながらなんか行けそうだし見合いそう!
と押したわけですわ

で運良く流局成立したのはいいのだが
ここで流し最大の難所

なんて申告すればいいんだ?問題
とりあえず
「4000,8000は5000,9000です」とだけ言ってみた