日本オープンのプロ予選でた

3回戦の一次予選を突破すると
3回戦の二次予選というあんばい

一次予選

1回戦
ドラ⑥
二三四五六八九③③④⑥⑦⑧から⑥を引く
そりゃまあ2度受けの八九を払って一向聴
二三四五六九③③④⑥⑥⑦⑧
⑤は鳴くし四七もそろそろなくなぁと思っていたら、上家がドラの⑥を打つ
これは冷静にチーだ
二三四五六③③④⑥⑥ チー⑥⑦⑧
満貫の向聴だってなった
結局満貫あがれた

これがまあまあの効果で2着

2回戦はトップが取れ

3回戦で条件はラスらなければ大丈夫
ラスるとまあ素点

で微妙な進行で3着目で迎えたオーラス
ラス目の親からリーチ受けて
これが5000点差とかで
こっちは仕掛けて聴牌入ってる
もうどうしようというかんじ

ツモの抽選回数が多くて無筋がまだ多い間は押すけどいつ降りるんだみたいなドキドキコンテストやってたら12000放銃
ラスらないルートを強く求めたけど
もうこの時点でポイントがラスった先での素点が多い選択もあったなぁとも思ったがまあしゃーない

で、こーなってしまうと3着も遠いので
渾身の2600は2900アガラス

で、結果が 補欠 

二次予選で欠員がでれば
でれる
という補欠


これが時間に二次予選シードの人が来なくて

繰り上がりで二次予選出場

そう
オカルトシステムNo.99
「補欠繰り上げ追い風ポールポジション」
って奴だ

さぞかし手が入るだろうと思いながら
1回戦東発に役牌叩いてドラドラ3900をあがるがしかし東2に5800を放銃し
あとはもう聴牌何回とるかみたいな小場な展開になって3着

2回戦
50分打ち切りでトップ目からベタオリ→流局ルートは時間切れ
ライバルがあがるルートはもう1局
と思った

牛歩すりゃ良いんだろうなと思いながら淡々と切る
牛歩だけはできない、牛歩だけは
もうこれを認めてしまうと東発に1000点あがったらそのまま次にスーパー牛歩をしてがまかり通ってしまう
これは今までやってきたことを否定してしまうので牛歩だけはできないと思いながら
流局 もう1局
ここで軽い手が入って勝てた

3回戦今度は連帯条件
もう書くことはない3着だった

敗退
オカルトシステムNo99とは