大いなるAbemaTVが作ったオール放送対局コンテンツMリーグ

全麻雀プロが目指すような華やかな場としてスタートした

ぼくも団体に所属していた以上、盛り上がって欲しかったしネガティヴな発言は出来なかった

別にすごくネガティヴな感情があるわけではないが
ゲームの認知、地位向上という点
興行的にという点
で成功してると思っている
だいぶ天空からの意見だが、一大衆の視点としてすごいなぁと思ってる

麻雀プロという立場の人に対して目指すべく大きな舞台が完成したことの意味は大きい

ただ、競技プロってのは数字を叩ける能力を競い合っているのではない
これがフリー雀荘のプレイヤーとの大きな違いで雀荘のプレイヤーはとにかく長いスパンで数字返すのを目標に戦っている他方競技では定められた回数の中で結果を出す
十分に収束されるのに2万回必要とされているこのゲームでMリーグはたったの80戦しか組まれない
で、求められるのはスター性と個性。
当たり前の麻雀の基礎力も要求されていそうだが技術より違うものが求められているのは自明で僕は目指したいとは思わなかった
なんというかプロレス的な興行をしている
ただこれは否定しているのではなく僕は関心がないというだけ