最近ボードゲームをする機会が増えた

その中でもよくやるのが

これ




1994年ドイツゲーム大賞1位という折り紙付き


ぼくはいつも3人でプレイする


1~104までの数字の書かれたカードが入っているがしかし
3人ニムトは34までしか使わない


で最初に各人に10枚づつ配り

場に4枚を4列に表に置く

3人同時にカードを置き
場にあるカードをできるだけ引き取らないようにするというゲーム


カードによって引き取った時の点数が1から5点の間でついている

場にカードを置くとき
場にある数字で出したカードを超えないものの中で最も大きい列に置く
それが新しい場の数字になる

処理する順番はカードの数字の小さい人から


引き取る条件は2つ
①列のカードで6枚目を置いたとき、そのカードを残して場の5枚を回収
②場のカードより小さいカードを出したとき、任意の列のカードを回収


とややこしいことを書いたが

とにかくカードを敵に引き取らせるゲーム


ちなみに「ニムト」はドイツ語で「6枚取れ!」って意味らしい
「6枚とれ!」がカタカナ4文字で収まるなんて



これがとにかくおもしろい

基本ルールは
牛の数の差×100G(ゴールド)の総馬身で執り行われる

あくまで単位はゴールド

時間制限は1ターン1分
最小の数字を出して引き取る列を選ぶ時間も1分で

長くとも15分ぐらいで終わる

てかそんなかからん ふつう



戦術が割と難解で

そもそも、なにが好配牌なのかもよくわからないが

ぼくは、小さいカードを処理しながら大きいカードを切り遅れないようにするゲームなのかな
と思っているが


ゲーム展開も多彩
場が沸騰したり単調だったり

誰かが戦術本だしたら読もうかと思うぐらいおもしろい(読むとは言ってない)