どーでもいいんだけどさ

いやほんとにどーでもいいんだけどさ

めっちゃ怖い夢を見た


夢の中の自分が夢であると認知する
いわゆる明晰夢ってやつだったのだが

これが無限ループした

何回ループしてたとかよく覚えていないし

起きる場所も毎回違かった

各回それぞれ登場人物もいっぱいいたがあまり覚えていない

まぁ、貴方も登場してるよ
きっと

最後処理場みたいなプールに突っ込まれたり色々なことがあったがこれもあまり覚えてない

とにかく覚えているのが

起きた先ですぐ夢であることに気がつく

毎回起きるところからスタートするのだが

「まだここは夢か」

夢の中の自分は
そう考えていた

どういうわけだが夢の中であることはすぐ認知していた

しかも恐らく全てが恐怖体験で

抜けられる気がしなかった

あんま覚えていないけど


世界で1番怖い夢を見たのではないだろうか


起きてすぐこの夢を題材にした小説でも書こうかと思って記憶にとどめようとしたが

結局あんま覚えとらん




明晰夢を見たのは記憶の限りではこれが3回目

1回目はふつーに明晰夢であることを楽しんでいた

インセプションのワンシーン再現してたし
いろいろ試してみてできたこととできなかったことがあったような気がした


忘れた


2回目はNYのタクシーでベタにほっぺたつねってた気がした

2回目最大の恐怖イベントは起きていつもの生活をしていたら、そこはまだ夢の中だった。

で再度起きて

もう起きたはいいが頭の中こんがらがるどころの騒ぎではない

寝ぼけるなんてもんじゃなかった


で今回

起きてもまだ夢の中ではないかと思ってしまう

夢で出てきた場所も全部何処と無く見覚えがありそうだが行ったことのない場所揃いだったが見たことのない部屋だった

けど今回は割とすんなり現実ということを認知できた

どういうわけだか


で、思い出しながら落ち着きを戻して

ちゃんと寝かせろ!と
2度寝
3度寝
泣きのあと5分

遅刻しました。すみません。