2018年04月


僕が人生で2軒目に訪れたフリー雀荘であろう

B東南だがウマが点棒で14-28とやや大きく
赤3枚入っていて面前祝儀
ほか一発裏に祝儀がつき4000点相応と
これもやや大きめ

少し変わったルールとしては
三暗刻が面前だと3飜になる

四暗刻崩れのリーヅモ三暗刻が満貫であるモヤモヤを解消してくれる

もう一個変わったルールとして
鳴かれても、ツモについては一発が消えない
これはお互いに変な歪みが生まれず良いかもしれない

結構昔から行っていたわけだが
久しぶりに行ってみた


営業時間外だった
忘れてた

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


雀荘業務ってなに?ってなった時に
牌を吹いたりその他諸々の日常的な清掃業務
来たセットのお客さんを卓に案内
ドリンクを注いだりフードを作ったりのキッチン業務
この辺は入ってすぐ教えられるような業務
段々できるようになってくると
フリーのお客さんの配置を考える卓回し
レジ業務
電話対応
とかの業務もする
さらに上の立場とかになると
シフトを組んだりの業務も出てくる

あとは待たせてるお客さんを退屈させないようにしたり
楽しませたりとみたいなのも大事って習った
これは因みに長期で見て売り上げ的にも大事だが
基本的に常連相手の商売なのでお客さんとの信頼ができていると得する局面ってのはそれなりに多いし損することはまずない

これでほとんどの業務なのだが
雀荘業務において最も大事かつ雀荘業務を象徴する業務が抜けている
「麻雀を打つ」
多くの雀荘で1人でくるお客さんに対応するフリーという営業をしている
みんな自由にくるので仲良く4人の倍数で集まるなんてことはなく3人とか7人とか10人とか中途半端な人数であることが大概だ
さすると我々の出番で本走という業務にはいる
他にも
お客さんがトイレ等の短時間の中座をするときに他のお客さんを待たせないために代わりに打つ代走という業務もある

でもっていつもどうり本走に入り
自信度A三面張から負けたり
自信度Aリャンメン負けたり
自信度Aカンチャン負けたり
一向聴地獄からの自分以外の3人聴牌であれ?おれの聴牌牌何枚ワンさんにがめてるの?ってなったり
まああからさまにツイテナイ日もたまにはある

早々に24500MPを失ったところで卓が割れる

俗にフリーノーゲスって状態になる

フリー雀荘で勤務すること4-1年
-1はブランクで1年あるので実質は3年という意味

業界でも最大手といっても過言ではない系列で3年弱
別に大手じゃないところで数ヶ月お世話になっている状況なのだが

この仕事の最も良い点としては暇な時は本当に暇なのだ
牌を見るのが嫌になるぐらい麻雀させられ時もあるのだけど...
大手の雀荘だとテキトーに仕事探してやってたり休憩させられたり
そもそも僕の働いていた店舗ではノーゲスなんて月に1回あるかないかの珍イベントだったし多くの店舗でほとんど起こらなかった
やっぱ大手すげぇー
小さい店ならやること終わらせれば休憩同然の暇状態
今お世話になっている店以外でも多くの小規模な店舗に行ったがまぁ暇な時は暇で大体休憩同然の状態

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


五反田東口でて
信号なり歩道橋なりを渡って
吉野家と長崎ちゃんぽんの間
風俗街への入り口の通りを入りすぐ
五叉路1本目を左に曲がってまたすぐ

看板がある

麻雀まぁいいじゃん

ルールは穴付き ウマが1万点-2万点

ゲー代400オールの100

赤が1枚ずつ入っていて面前のみ2000点相応の祝儀
ほか一発裏で祝儀

と割りとオーソドックスなB東南

無駄に白ぽっちが入っていて一発ツモのみオールマイティ

間違えて切ったらドンマイって言われるだけ


以前近場でアルバイトをしていたのでちょいちょい行っていたが今回は割と久しぶり

以前の客層のイメージは割とゆっくりめだったり
時間帯によって殺伐と早かったり
よくわかんない

点数計算できない常連もいるぐらいゆるふわな側面もある

割とアットホーム感の強い

僕の中で地方系雀荘ってジャンルの雀荘があるが
その部類

地味にさんまもやっている

ルールは忘れたけど穴付きではあった

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


条件付き東南にて

無限に有効牌をひかないゾーンに

でなんかわけわからん放銃したり

崩壊

崩壊したなぁっていう崩壊も数年ぶりな気がする

そんな中2巡目にきた手牌

ドラ南
④⑤⑥⑦⑧23456789南

東発で点棒もみんな仲良し25000点なので
当然の南切り
受け入れ16種51牌

ちなみに⑨が2枚切れでほか関連牌なし

向聴数が進まないとタイトルで叩きつけていたが
流石に6巡目にはテンパった
というよりむしろ4巡の間不要牌を引き続ける方が難しいわ

で待望の入り目が6

これあまり嬉しくない入り目が
⑨4769
断么がつかない
イッツーがつかない

もぎろうかとすら思っていたのだが
祝儀率高くて点棒フラットで
意外と変化に乏しいうえに
もぎったのに結局同じ打点のケースが多い
し即リーを打った

ここで、追っかけを受けながら変化を目の当たりにしたくない
という自信喪失みたいなメンタルに陥り
「負けたら怒ります」と言い残して代走を託してトイレへ

結果あがってくれて気持ちも取り返して
なんとかすこし戻せたな

このおれクラスの自信家で
今更
セルフメンタルコントロールをしなきゃならないなんて...

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


蕨サンマで
36本という記録的大敗を喫した

原因は単にツイテなかった上に
細かい受けのミスの多発が失敗に直結するというエラーが多かった

そしてなぜかマッチングが辛いという...

むこうぶちに書いてあったが
わけのわからない勝ちはあっても、わけのわからない負けはない
みたいな状態ではあったが

そうはいっても、まぁしんどかった


そして
渋谷ヨンマ条件付き東南で打つ

正直、手牌読みの精度が以前より上がっている気はするのだが
それ以上に

手組がわからなくなるという

配牌開いてどーやってアガリに向かえばいいのかがいまいちわからん

押し引きではなく、手組での長考を数回してしまい
数回したうえで軸の定まっていないハチャメチャなことをしてしまった

で、まあうまくいかずどうすればいいのやら

数年ぶりの体験なのだが

こーゆーの結局
牌効率と押し引き以外の情報をシャットアウトして
ひたすら耐えるしかないと思っていて
そうしていたら何となく糸口は見えてきた


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ