2018年07月


麻雀というゲームは運の要素が左右される以上

上ぶれ下ぶれというものに必ずぶつかる

上ぶれの時により良い成績を叩き
下ぶれの時により小さな被害で済ませる
のが強者であると思う

ただしメンタルも絡むゲームでありこれを保てるかもまた麻雀の真価であるとも思う

これは昭和的な流れ論ではなく
必ず起こりえる話である

おれはサイコロで6連続で1を出したこともある
長く試行しているとそういうことも起こりえる
どうやら46656分の1らしいが

で上振れを引いても
サイコロを1億回ふれば、大体すべての目が1/6程度に収束する(ちなみに正確には5が出やすい)

往々にして人は上振れを引けば下振れも引く
下振れを引いても上振れを引く
別に統計と確率を一生懸命勉強したわけなので詳しくはわからんけど

で、7月序盤に吹きすぎてしまった
ので当然来た

下ぶれ

人はこれを収束と呼ぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


東南戦のメンバーは東場なら本走中半荘の途中でもご案内しなくてはならないことがある

大体上幅を設けていて何点以上持っていれば案内しなくて良いみたいなのがあるのだが
下は何点でもお客さんが入ると言えばご案内である

で、来店が多くてひたすら本走できない

122と上々の成績からの無限出走枠なし地獄

からの合間の本走

そりゃ34
負けるよねぇ

-1.2

昔フルで東南戦で働いていた時は
ご案内する前提で麻雀をしていた

地味に違うのは
上幅に満たない上がり(特に祝儀なし)にはほとんど価値がなく

祝儀価値が普段より高くなる

故に来店が多い時間帯は
祝儀の抜けなさそうな手は、抜かれないように簡単に捌けそうな手なら簡単に捌きに行き
無理そうなら打点が作って曲げに行く
押し引きはやや押しによる
赤がある手なら仕掛けをはやめて
とっとと500,1000の1枚ないし1000,2000の2枚とかでご案内してラッキーを狙いに行く

と、普段の着順意識の強い東南戦からだいぶ東風よりにシフトされるかなぁって感じ
高いのを打つとご案内ができなくなりラスを請け負う確率が上がり
捌いて得するのは自分ではなくご案内された人なので赤なし4cmとかはあまり良くなく
まあなんとも難しい選択

で元々働いていた店が死ぬほど来店の多い東南戦だったので
そこまで加味した超立体麻雀とか追求してたのだが

久しぶりにそんな身において

なんか失敗したかなぁ
って感じ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前走のクラシック5組で惨敗

このルール最大のネックは
一発と裏がない
ノーテン罰符がない
アガリ連荘

であること

ほとんどアガリが発生しない上に点数がデフレしているので
1000点の価値は大きい


1戦目は
手牌縮めたところからの降り打ち期待のリーチ棒が祟り26400点持ちラス

2戦目
オーラスラス目北家ドラ發:麻雀王国
トップ目といっぱい差
2着目と3700点差
3着目と100点差

2巡目にこの聴牌
二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国

フリー雀荘ですら外しそうな巡目手格好で
曲げた瞬間3着確定のリーチとなるので1ゲームめラスだった関係もあり渋い
二索:麻雀王国聴牌外しからの
ツモ一萬:麻雀王国四索:麻雀王国ツモ三萬:麻雀王国

一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国
この役なし聴牌を黙る

3着確定のリーチを打って手に蓋してもしょうがねえだろうと
そんなことより一通の手替わりで上までぶち抜けたほうがよくね?と

してたらそのうちトップ目がポンとか言ってきたので牽制のリーチを打とうかと思っていたら
ツモ九萬:麻雀王国

三萬:麻雀王国リーチ

数巡後ツモ2000,3900

なんかすげークラシックだなぁ
と思いながら2着

3戦目
3着目からオーラスラス目の親
手がものにならず流局間際
親は手を縮めている
僕は3着では不満が残るポイント状況
抜いて連荘してもらうか次に期待を込めるか悩んだが
素直に降りて3着

4戦目
早々に満貫打ったところから
順番に満貫つもられて見るところもなくラス

上位が5戦目に行けるのだが
食い込むこともなく
敢え無く敗退

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今月
さんまで平均着順2.64というあほみたいな倒され方をしたところから
よんま出勤+客打ちで

16+7+2+2

トップ率59.3%という吹きよう

そして平均着順 1.63

まさかのさんまよりヨンマのほうが平均着順が1良いという珍事

すげー吹いてんなぁって感じ

すぐ曲がるか
高打点がはいるか

すぐ曲がる高打点が入る

なんかどの手順でもあがれる気がしてしまう

というより現にどの手順でもあがっていた



「何を切ればよいかという質問はナンセンスだ。俺が切った牌が正解だ。」
みたいなことを黒沢が昔言っていたような気がする

まあまさにその状態だったわけだが

いつまどもそんな状態が続くわけではないので
吹き終わった後


どの手順踏んでもあがれないなんとことのほうが多い
吹いちゃうと
この吹いてる時が普通だから

まともな押し引きができなくなるってのが
原因で反動みたいな刺さり方するのが怖くて

まあこれ以降はこのアドバンテージを月末まで守るのを目標に麻雀してみよう

別に何かを変えるつもりはないのだが
基本的に鋼メンタルなので


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


条件付き東南にて

4月まぁ調子が良かった
5月大変すごーく負けた
6月まぁ調子が良かった

ってかんじ

もはや4月6月が吹いているのか
5月が刺さりすぎなのか
はたまた両方なのか

もうよくわからない

でお店で着をとってくれているので
調べてみた

4月:47+36+37+33=153(2.37)
5月:39+39+49+39=166(2.53)
6月:62+43+47+39=191(2.33)

累計 148+118+133+111=510(2.41)

ありとあらゆり言い訳を排除して1000ゲームで2.35を切りたいと思っていたのだが(麻雀平均着順だけではないが)
結構厳しそう
実力不足そう

自分の成績が
正確に気になったので調べてみて
書いてみたのだが

昔誰かが言ってたような気がする
自分の平均着順をブログに書く奴はザコ
って

なんか言いたいことはわからんでもないよなぁ
そして自分で書いといてあれだが
さしてすごくもないというのが大変ネック


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ