2018年09月


文字通り統計が書かれた本

アガリ価値指標なる言葉が出てきて
点棒状況と押し引きの着順込みの期待値等がわかりやすく表現されていた

麻雀の構造に関するデータは興味深いデータだったけど
北家が有利って言われても、人生で何回選べる局面があってそれで大して有利じゃなくない??
ってぐらい戦術的価値は薄かった
けど席別の平均着順については興味深かったが、人によってラス親得意苦手とかもありそう

2章の点数と順位に関するデータが結構面白くて
局収支論と平均着順のデータが戦術的価値が高いと感じた
ルールにおける差がデータで書かれていたのも面白い

聴牌判断に関するデータの考察を鵜呑みにしようって感じで
今まで元気リーチ打ってた部分が
統計という圧倒的説得力のある言葉で我慢できるようになれるかな
って感じ
被先制のダマ5200のあたりだけだけど


もともとリーチの偉さを
『科学する麻雀』で学んでいたから
全体的な傾向として曲げすぎなことはあっても曲げなすぎなことはなく
曲げすぎのほうが曲げなすぎよりも全体としては損は少ないと思っていたから
これは黙るの基準をある程度見直せた




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


新しい仕事を始めることになり

雀荘の仕事は先月いっぱいでやめた


さんまをこんなに大量にやることは初めてで

成績も芳しくなかった

すごく降りなきゃいけなくて
なおかつ完全に降りずに捌きにもいかなきゃいけない

ころころ変わる場況を常に判断しなくてはならない

安易にリーチをすると回されて追いかけられてぶち込まれる
(リーチを)打っていいのは打たれる覚悟があるやつだけだ

で、まぁ麻雀の引き出し増えたかなぁって感じはするが

もうサンマはしたくない

今更新しいゲーム覚えるのもしんどいな

って感じなぐらいヨンマとは別ゲーなのを感じた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


D級予選を突破した翌日

D級

D級は総勢64名を各16名の4ブロックに分け
各ブロックごと5人が勝ち上がり8名が降級

まず半荘5回やって総当たりとなる
そしてその時点で1位の人の勝ち上がりが決定
その時点で下3人が降級決定となる

残った12人で襷掛けでもう一半荘して
残った勝ち抜け残留が全部決まる


1半荘目
南家スタート

手が入り親番で満貫を3回あがれトップの上々の滑り出しで
デカトップをとれた

からの
2半荘目
起家スタート

終始4人が競り合っている状況
でラス前3着目で
1000,2000は1100,2100ツモでオーラストップ目で迎えられると愚形1300リーチ
これをツモり、1枚1枚と念じて乗っけてトップ目でオーラスを迎える

オーラスの平場で時間打ち切りとなったので本当に1局勝負

ラス目は若干条件厳しいが誰から満貫上がってもトップ
上は1000点でも上がればトップ放銃すれば3着という僅差

この時トップをとりたいという気持ちが強すぎた
当然3着目は無限に手牌縮めて前に出るのだが

こっちもペン四鳴いてペン六の聴牌が取れた

この時3着目が3副露目7sチーして
手出し2s
チーして出ていった牌のマタギは危ないとはいうので14は度本命のようだが
この直前の2sをポンしてないので22が対子の形が否定されるが1223456で持ってたとかからの食い延ばしとかはあり得ないことはないがそもそも2sより良い単騎切ってそう(よく覚えてないしそこまでよく見てないけど)
であり得るのが1sヘッドあるいは単騎ないしシャボ
5667で持ってたところからのくっついたチーてん
手か度本命は112とかで持ってて超ぶくぶくに受けるなら引っ張るみたいな関係ない牌ってので索子おすき全開
先切りがさすがに過ぎる筒子の上ほぼ否定
しかけの上家の牌と合わせて良形ほとんど通っている萬子もほぼ押す

索子くっつきってターツが足りてないのが不自然なぐらい河に真ん中が切れているので58も押す

そうすると残ってる筋もう②⑤と①④しかないんだけど

で捕まった②
なんか筋を数えなおしてまだいける
とか言って押してしまっていた
正直集中力が切れていたというか何かが抜けていたというか
マジでぬるいもったいない放銃をしたてしまい
2着取りこぼし上下20点

そもそも1戦目トップとれたのだがここは無理せず2着を取れれば十分だった
条件戦に対する意識が弱かったなぁと反省
手牌ないし手牌読み云々じゃなくて条件戦に対する場況の対応が不十分だったなぁと


引きずらないようにリセットしながらパーラメントロングを嗜み


3戦目
南家スタート

親の爆発を1人のみならず2人に許してしまい
苦しい点棒でラス前

何を血迷ったのか親のちゃんた含みの仕掛けの最終手出しの周りの7sが出ていくルートをわざわざ選択してしまい放銃12000
役ちゃんた三色ドラ
これでるの?みたいな反応だった感じはしたがむしろ俺が一番驚いている

でこれが響いてラス

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全4戦90名中38名D級へ勝ち抜け

1戦目

西家スタート

東発ドラの六が暗刻になるチャンス手


 

三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国三索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国四筒:麻雀王国

河も三段目に入ろうかというところで

ここから八チーして打3したらダマ3900放銃

そしてここからスーパー地獄タイム突入

東2局 3人ノーテン
東3局 仕掛けた1000は1300放銃
東4局 被ツモ4000オール
1本番 被ツモ500は600オール
2本番 被ツモ2000,4000は2200,4200
南1局 被ツモ3000,6000
南2局 12000放銃
1本場 忘れた
南3局 1000,2000親被り
南4局 ロン16000

オーラス倍満あがったがラス

南2局で12000放銃したところで箱下に突入したのだが

この時の局が印象に残っていて
ドラ七索:麻雀王国
巡目は7巡目とか中盤始まりましたぁってころ
三萬:麻雀王国五萬:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国七索:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国
ここに三筒:麻雀王国を持ってくる

まだ先制シグナルも特になく単純にどうするか
点棒は9000点のラス目ですぐ近くに3着目
15000点ぐらい上に2着目
春か天空にトップ目という構図

で、何切る?
これイッツーではなく三色を見据えて⑨を切ってしまった
ドラが何とかなったときの未来として良形の未来も残せ
タンヤオへのなりやすさも上かなと

しかしイッツーだと必要牌1種
三色だと2種の状況からの原則もそうだし
ドラ使えなかったら萬子と索子全部払うぐらいの気持ちで三きればよかったのかなぁと
とルノアールで話していた
素直に③を切るとドラ周りが横に伸びた時の形が不細工かなと
素直③で良さそうだけど

でこれが先制を受けた時に三色で即追いつきリーチ宣言牌を咎められ
3万点借りの証のチップを投げる(投げてはいない)

でうだむだオーラス3着は倍ツモ跳直条件
2着以上はいっぱい条件なので無理に捲らず素点を叩きに行き
ドラ3で自風の北となんかのシャボで曲げ
超勝負所で追いかけていた2着目が北をつかみ裏3倍満

この素点の意味が大きくなぁーれと思いながら一服

2戦目
西家スタート
東発からリーチ三色ドラをあがり上々の滑り出し
最近習った 親流しの刑も上手に執行できつつ
上3人競っているところから1週回り
競っているところに6000オールを引かせてしまい親流しの刑失敗
から親番は親流しの刑を執行され
オーラス北家で親番の人と同点
時間余裕あり
上と跳直トリツモ

全身全霊で2着取りに行くのだがドラ③で
三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国西:麻雀王国西:麻雀王国西:麻雀王国あともう一つ順子の聴牌
一応トップ目に直撃裏3条件はあるにはあるけれども

恐らく先制だが脇二人がツモれば2着ゲット
こんな愚形かつ良形変化望める手でリーチなんて打てない
と、最近習ったトリダマをしてみたら一発目にツモ7 1300,2600
スーパー結果論だが裏ドラほじくり返したがいなかったので差し引き2800点曲げるのと収支違うが
これはさすがにダマだよなぁと

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ