観光で中国の南京というところに来ていたのだが
行程の最終日があいにくの雨で映画を観に行った

遥々中国まできて何をしてんだよ感あるのだが
まあ日本で見るより安いから良いでしょう

IMG_4283

この国何にでも漢字を振るのがなかなか面白くて

すき家もマクドナルドもKFCも
看板にちゃんと漢字があった

古い安めの映画館に来たのだが
新しいところはもっとしっかりしているし値段も日本とそう変わらないのは言わずもだろうが

IMG_4285


ここはちゃんと館内はボロかった
若きジャッキー・チェンが追いかけっこしてそうな雰囲気は漂っていた

そんな映画あるかは知らんが


そこで日本語で観れた映画が『天気の子』だけだったので観た

全く知らない街で新宿はじめ都内各所の絵を見るのもよくわからない気持ちだったが
それはとかく、すげー面白かった


端的にいうと
東京という街を守らずに1人の人を守りますよ

って話

主人公は街とヒロインどっちを守りたいですか
にヒロインを選択して
そのために頑張る

気持ちに素直!はい正解!

僕からしたら自分が幸せなルートを人類のために気負わずに選べば良いんじゃないの、と思う
ちなみに一緒に観ていて友人はこの展開が好きではないみたいだった

でよくよく考えてみるとこういう秀でた思想の映画ってパッと思い浮かばなくて

ベタなメッセージ系のやつは大体
何かを犠牲にするかもしれないけど みんなを守りましょう
とか
何かのために何かと戦う
みたいな
自己犠牲 美しいみたいな
展開になっている気がする

結果地球は守られましたね

みたいな

具体的なタイトル思い出せないけど


それもまたそれで本人が満たされるなら選択として良いと思う

けど、この作品の面白いところって
全部逆になってる

私たち入れ替わってる


東京は雨が止まなくなって水浸しになったけどひなさんが守れたから良い

〇〇はぶっ壊れたけど私たち幸せになったから良い

僕はこれも美しいと思うから、今までにない面白さだなぁ

と思いました。