マカオのカジノでは麻雀も打てるらしい

ってことで行ってきた


事前の下調べでマカオで麻雀が打てるのは2箇所
と聞いたがオーシャンズカジノ(海立方)の方は卓が片付けられていた
休みなのか無くなったのかは知らない

IMG_4331


でゴールデンドラゴン(金龍)というホテルに麻雀コーナーに行ってきた

IMG_4330


執り行われいるルールはポンガンパイという
大陸系のルールでもなければ日本系のルールでもない

ルールは結構簡単

だがルー説的なのはないのでちゃんと覚えてから行かないと火傷する


まず役というものは存在しない
4面子1雀頭を揃えるだけ
七対子は認められていない
一応国士も認められているらしいが役なしと点数は一緒なので目指すだけ無駄
チーはない

でお金をもらう方法は2つ!

①あがる
②カンをする

立ってた卓は300/600HKD(約4200/8400円)と500/1000HKD(約7000/14000円)

まあまあな高レート

初めてだし300/600で座る

①あがったとき
ツモなら600HKDオール
ロンなら放銃者から600HKD

そしてツモのときに限りツモ牌の次の牌をめくり特定の牌があったときに1200HKDオールになる

ぼくは特定の牌がよくわからんかったが
乗ってるか乗ってないかメンバーさんが教えてくれる

②カンのとき
加カン300HKDオール
暗槓600HKDオール
大明槓された人から900HKD


後の細かいことは行けばわかる


とりあえずレートを伝え待合に通される

卓は全部で10卓ないぐらい

雰囲気としては日本の雀荘とあまり変わらず
スタッフさんがあたたかい対応をしてくれる

飲み物もわざわざ聞いてくれる

あったかいお茶を頼む
烏龍茶だった

チップへの両替を催促される
預かりはない

1000HKDズクをだし10000HKD分両替してもらう

IMG_4336

一緒に行った人が天才なので写真を撮ってくれた
多分写真撮るのは怒られる

牌はアルティマを縦横後に2枚づつ重ねたぐらいある
とにかくデカイ下駄牌を使う

IMG_4334

卓は築山だけしてくれる自動卓
配牌まで出してくれる日本のレックスには叶わんか
と思ったがあの下駄牌でそこまでやるのはおそらく構造上無理まである
知らんけど

メンバー2入りで卓が立つ

もう1人は日本の雀荘にいるのとあまり変わらないようなおっちゃん
後からご案内されたおっちゃんも日本にいそうな違うタイプのおっちゃん
ただし、レートがレートなだけに金は持ってそうであった

席選べといわれ選んで
サイコロ振って最初の親決め

2度ぶりで日本と一緒

そしてサイコロ振って
これも日本で一緒

日本と一緒てかこっちがルーツだけど

パッと配牌とって並べると横にすごく長くなる
なかなか慣れるまで牌姿がパッと入ってこないが慣れてしまえば同じ話

場代は収入があったときに収入の5%を取られる
サイドテーブルのチップから勝手にやっといてくれる

必ず全ての卓に立ち番の人が張り付いてるし天井にはカメラが張り巡らされている

きな臭いのか、新規だからなのか、気になるからなのか、はたまたそこがたまたま立ち位置なだけなのか
ぼくの後ろに立ち番が張り付いて後ろ見してる

いいだろう

現役 じゃぱにーず ピントン めんばー
というもの教えてやろう

小1時間打って

-3000HKD

レート感覚としては3ピンの東風戦ぐらいかな
って感じ