天鳳界隈では俗に段位を上ることを坂と表現するが
5段程度だともはやスロープ感はある
バリアフリーである

この
5段スロープでいつになってもptが増えない原因を考えてみようかと思った

天鳳課金の最大のメリットが牌譜解析スクリプトが見れる

見てみた

まず局収支にかかわる部分

配牌数1971回
和了444回(22.52%) 低い!
放銃285回(14.45%) 高い!
和了率 - 放銃率 が 10 以上を目指すといわれているが 8.1
これが良いのか悪いのかイマイチわからんが
放銃14超えるのはさすがに多い

放銃時
聴牌率48.42%
平均向聴数0.771向聴牌
つるかめ算です.2向聴以上の放銃率は最低で何%でしょうか
面倒だからしないけど
ちょっと多そう
あまり記憶にないんだけど
もしかしており打ちが多いんかな??

それもあんまり記憶にないけど

確かにフリーより降りている意識はある
和了率下がった分放銃が増えている説もなきにしもあらず

手牌ぶくぶくに受ける

リーチ受ける

から

フリーだと

押す

和了

の展開が

天鳳だと

がんばって降りる

おり打ちする

という展開になっていて和了率下がって放銃に回ってる恐れはある


けどね
副露時放銃率が
1副露 13.78%
2副露 11.74%
3副露 13.63%
4副露 33.33%
トータル 13.12%
4副露は3回しかないので置いといて
相対的に高いわけではない

高いけど
副露回数800回と決して少なくないサンプルだとは思う
おそらく2副露しているときの手牌の状況が
アガリに行けるか否か降りれるか否かを考えて
選択できるベストな位置だから放銃率が一番低いのだろうかな??
原因もよくわからないけど


リーチ時放銃率を見てみたら16.45%
強制的にプッシュされる状況だから高くなるのも自然かもしれないが
これって普通の数字なの??
先制率85.28%
追っかけられ率19.26%
良形率61.47%
当然先制のほうが愚形率は上がるのだが
これは相場の問題でもあって
どんなリーチでも降りてくれる相場ではなく,ある程度押される相場なのかな

しばらくリーチ後の放銃率を下げることを意識したい

良形リーチ率 上げたい
リーチ率 下がるはず
先制率 下がるはず
放銃率 下げたい
副露率 上がるかもしれない

「愚形1300のリーチ原則禁止」
「30000点持ち以上のトップ目からの愚形2600原則禁止」

あとは曲げてしまったあとのことは運によるところもあるので
運気を上げるために
「歩きたばこはしない」
「ポイ捨てはしない」
「さげまんっぽい女性には近づかない」

これで6段なれなかったらもう知らない

次回

1発の多い人生だった


あまり期待せずに。