歌舞伎町劇場通り
お馴染みクアトロを7歩通り過ぎたビルの4階

店の名は
グレイトブルー

略称グレブル

クアトロに似た
いわゆる歌舞伎町ピントンってお店

ルールは
1.0-2-5(28000点未満南入)条件付き東南戦
南入したら南入まで打ち切り

ゲーム代は500円オールのトップ賞500p

ただし、2着が25000点未満の場合
トップに集まっているはずのゲーム代2500pを2着が払う
といういわゆるAトップのようなものを採用している

要するにAトップの場合のゲーム代とウマの和が
7.5-△1.0-△2.5-△5.5
BCトップの場合
4.0-1.5-△2.5-△5.5
になる

例のごとく西は常に場風で本場1500点

青五が1枚入っていて祝儀2000p
赤⑤が1枚入っていて祝儀1000pで役になる(赤のみ300,500の1枚が上がれる)
赤5が2枚入っていて祝儀1000p
赤青は当然のごとく鳴いても祝儀はつく
白ぽっちが1枚入っていてリーチ後常時オールマイティ牌で祝儀も付く(1000p)
祝儀は他に一発裏で各1000p
そして裏ドラから白ぽっちが出てきた場合も1000p
發持ってるところに裏から白ぽっち出てて来たら悲惨である
と結婚式の形相は相変わらずの歌舞伎町である

発声優先
役満祝儀はツモ5000pロン10000p
飛び賞は卓内全員に1000p計3000pと重め

そして清算は100p単位は四捨五入
ゲーム代の支払いで500円玉を使う以外に
卓内で1000pチップ以外を使うことがないというストレスフリー

オーラス300,500ツモられで1000p払いが増えることもあれば
8000放銃で支払いが変わらないこともある

なんか僕が作ったセットみたいなルール
というマッチング様

お店の雰囲気は歌舞伎ピントンにしては和気あいあいとしている



祝儀牌が1枚分少ない分
平均した動くLIFEptはクアトロよりやや少ない印象

ただし役満と飛びが重く、かつコールド終了がないため
1撃記録はグレブルのほうが重いであろう

ゲーム性としては⑤あがり役はあまり関係はないと思う
あまり登場しないし
役牌が1つ増えたぐらいのイメージ

見切り発車仕掛けがクアトロより強くなったが
祝儀牌が弱くなっているので
とりあえず仕掛けるということが弱くなっている

まあとりあえず仕掛けるんだけどさ
同卓者がよく鳴きなおかつあがりがはぇー

クアトロの平均的な客よりは全然強いイメージ

祝儀2倍牌が1枚減るだけでこんない麻雀の素養が大事になるのかというぐらい
ゲーム性は違うと思う

でで
今回の結果は

7戦
-27.5k

お疲れ様です