環境の変化とNAGARE という記事でも書いた【今日の何切る】

本当は
⑤は金牌で祝儀8000点牌
巡目とかよく覚えていないがとりあえず序盤
河はみんな字牌と僕が興味ない端っこの整理
ドラは2だか3だかであった気がする

もうよくわからないが
圧倒的な受け入れと最終形のバランスから1に指をかける

しかし
よくよく考えてみると
4切りのデメリットが
・赤受けのロス
・入り目によっては役のロスト(タンヤオ,三色)
・二五引きのタンヤオ手替わり(五引きは外しそうだし)

この入り目による役のロストってのが肝心で

②:タンヤオ
⑤:三色+タンヤオ
三:タンヤオ+もしかしたら三色
で六引きも1役up+もしかして2役up
なら三面張蹴って延べ単に受けるからややマイナス

てことはこれ赤フォローも残せる1のほうがよかった

なんか①③⑥引きの裏目が強烈過ぎて4切ったけど
すげーいろいろゆっくり考えたら1のほうがよさそう

めちゃくちゃ広いシャンテンが序盤に入っているのに
なんか歯切れが悪かった


手組の原則
「部分役より全体役」
の法則を裏切っていたのがすごく気持ち悪かった
こういうルールしっかり守っていったほうがいいよなぁ


こんな目が回るような牌姿なかなか見ないけれども
123より234のほうが熱そうで更にタンヤオの熱さを加味すると打1のほうが良いということが
実戦で見抜けなかったのは完全に実力不足だし単に悔しいな