麻雀って一局の収支を追う以上に
半荘終了時にもらえるウマオカで収支を競い合うゲームである

がゆえにオーラスないし
オーラスに近しい局面でシャンテンだろうが何だろうがゼンツしなくてはならない局面
ってのが存在して

わかりやすいのが

上二人下二人が競っている局面で自分がトップ目
でライバルから先制を受けた時

点差とかにもよるかもしれないが
この状況大体いま自分が2着目ぐらいの気持ちでいなくてはならない

でこの状況で降りてほっとくと
よっぽどじゃない限り捲られてしまうし

仮に押して打ったとしても
別にちょっと痒い程度である

ウマとかオカとかにもよるが
局収支が着順の収支を上回るような恐ろしいリーチとか
あまりに手牌に見合わない局面なんて皆無といっても過言ではないだろう

という絶対に降りてはいけない局面の判断が局判断の1段目
 

次に大事な判断が絶対に押してはいけない局面
っていうのは俺は存在するのかどうなのか知らないが

放銃があまりに手厳しくなおかつ先制者に任せておけば
奇麗に事がつくときとかである

特に2着順ダウンは大罪であるという認識を強く持っておくと
良いだろう

ただ、結局アガルゲームなので
これについては細かい局面や手格好次第で大いに押したほうが良いようなこともなきにしもあらずだろうけれども


でまあこの2つについては、局面と着順を意識することによってうまく判断できるようになると思う。
打ったらどうなるか、ほっとくとどうなるかを考えて
立ち回るということになる

飛びが熱いルールとかオカが異常にでかいとかでも状況に応じて
打ったらどうなるか、ほっとくとどうなるかを考えれば自ずと答えが見えてくるだろうし

割と落ち着いてちょっと考えれば
わかるとはおもうのだが

でこの局面に応じた判断って結構大事だとおもっている
フリー雀荘でも店にはよるができてない人が多いイメージ


てか牌効率ができて
通常の押し引きができて
局面に応じた押し引きができれば
割と上級者だし

これらをいかにミスなくやるか
っていうのがゲーム性の大半を占めているといっても過言ではない



例えばだが、
ガールズバーにすごーくかわいいこがいたとするやん 
もう容姿から正確や価値観まで全部好みだったとするやん

これ、絶対に降りちゃいけない局面じゃん
無筋7本押してでもツモりに行くやん

ところがどっこい、ラインブロックされるぐらい嫌われるやん
これ絶対に押しちゃいけない局面じゃん
もうそれ以上やったら完全にストーカーで警察沙汰にすらなりかねないやん

そーゆーこと

誰の話ってわけではないが


あとは着順が絡むときの受け選択

アガリトップの場況でツモリ三暗刻なんて当然いらないので
リャンメンに受けて少しでもアガリ率を上げる
とか
着順を意識した受けの選択とかができればひととおり完成よ