蕨サンマで
36本という記録的大敗を喫した

原因は単にツイテなかった上に
細かい受けのミスの多発が失敗に直結するというエラーが多かった

そしてなぜかマッチングが辛いという...

むこうぶちに書いてあったが
わけのわからない勝ちはあっても、わけのわからない負けはない
みたいな状態ではあったが

そうはいっても、まぁしんどかった


そして
渋谷ヨンマ条件付き東南で打つ

正直、手牌読みの精度が以前より上がっている気はするのだが
それ以上に

手組がわからなくなるという

配牌開いてどーやってアガリに向かえばいいのかがいまいちわからん

押し引きではなく、手組での長考を数回してしまい
数回したうえで軸の定まっていないハチャメチャなことをしてしまった

で、まあうまくいかずどうすればいいのやら

数年ぶりの体験なのだが

こーゆーの結局
牌効率と押し引き以外の情報をシャットアウトして
ひたすら耐えるしかないと思っていて
そうしていたら何となく糸口は見えてきた



しかし、今更麻雀がごちゃごちゃになると思っていなかったので
少し焦った

一貫性がなさ過ぎて手牌がどっちに進んでいるのかわけわからなくなることを
俗に迷子というのだが
その現象を久しぶりに起こしたな


一因としては
色々なルールへの対応を迫られ続け
それも一日ピッチで

サンマをやっていて
マルジャンやって
大会予選で特異な条件でやり
またさんまして
そして条件付き東南

日を跨げばルールの変更程度ラフに対応できるかと思っていたけど
さすがに結構きついな
 
全部を命かけて真剣にやっているからな

それぞれをちょっとずつ変更を加えていっているのが一番やばいな

単に疲れているかもしれないけどな
これこんだけ毎日毎日やるほど楽しいゲームじゃないからな


あと、わたし
過去形傾向からすると恋愛をしていると麻雀がダメになるという特性がある

でもなぁ
問題は心当たりないんだよな
メンタルのバランスの崩れなんて大概は自分でも気が付いてない部分で起こっている気はするんだけど

とりあえず、「私かも?!」って人は連絡ください
一考します

そして、「違います」って答えます