カテゴリ: 酒と女と煙草と博打と


どーしても聞いて欲しい話がある

ちなみにオチはない


スロットもパチンコも実はほぼほぼやめた

それこそ4年前は毎日入り浸るような腐りっぷりだったが

ここ1,2年は月に1回も行ってない気がする

中毒者かというと
4年前はとても吹いていて
座る→捻る→玉が出てくる
という無限ループだっただけであり
その時が忘れられないみたいな中毒症状は感じられなかった

それがつい先日
気晴らしにパチンコを捻った

概ね捨てる期待値を娯楽と割り切って
負けても2本程度の時間しかなかったので捻った

負けようと思って捻ったまであるのだが

これがなぜか勝ってしまった

それが先月の出来事である


レヴィかわいい!



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最近ボードゲームをする機会が増えた

その中でもよくやるのが

これ




1994年ドイツゲーム大賞1位という折り紙付き


ぼくはいつも3人でプレイする


1~104までの数字の書かれたカードが入っているがしかし
3人ニムトは34までしか使わない


で最初に各人に10枚づつ配り

場に4枚を4列に表に置く

3人同時にカードを置き
場にあるカードをできるだけ引き取らないようにするというゲーム


カードによって引き取った時の点数が1から5点の間でついている

場にカードを置くとき
場にある数字で出したカードを超えないものの中で最も大きい列に置く
それが新しい場の数字になる

処理する順番はカードの数字の小さい人から


引き取る条件は2つ
①列のカードで6枚目を置いたとき、そのカードを残して場の5枚を回収
②場のカードより小さいカードを出したとき、任意の列のカードを回収


とややこしいことを書いたが

とにかくカードを敵に引き取らせるゲーム


ちなみに「ニムト」はドイツ語で「6枚取れ!」って意味らしい
「6枚とれ!」がカタカナ4文字で収まるなんて


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ASAPIN氏のMリーグの反省ツイートをたまたま見た
最初見た感想は
「正直何を言っているのかわからない。」

もう随分と昔に習った
2と5は5の方が危ない

だって
2は2-5にしかあたらないけど
5は2-5にも5-8にも当たるんだもん

Mリーグに関する記事は特に書いてこなかったけど
これは見てないからだった
たまにツイッターで話題彷彿となるやつも
まあ見て軽く呟いたり眺めたりだった

結局画像を確認したところで局全体を通して見なくては引いてはMリーグ全体を
引いてはその場にいなきゃ分からないようなことも多いだろうなと思いつつも
まあ見る時間もなければ見たいところを見る方法もわからない

そんな日常の中
不意に見かけたこのツイート

さすがに何を言っているのかわからなすぎた

この世に無筋②と両無筋⑤の危険度が変わらないなんてことがあるのだろうか

悩んだ
翌日仕事で寝なきゃいけないのに悩んだ
悩んだ末に結果睡眠時間が3時間以下になってしまったが
意味がわかった

少なくともわかったつもりにはなった


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日何気なく呟いたのだが

ノーテンリーチの流局時チョンボって裁定壊れてね?

って話が
僕の中で話題になったからまとめてみようと思った

誰が決めたのか知らないが先人が決めたルール

別に役のゲームバランスが悪いとか
そういうのは全く思ったことはない

このゲームの創成期に関わった大まかなルール整備をした人には一定の敬意を払っている
(誰だか知らんがリーチ麻雀自体はアメリカ由来なので多分アメリカ人)

大概はみんな同じ条件でそういうルールなんだから自分がアジャストするべきだと考えてるしてかそもそも手役のバランスとかは割と完成していると思う

この話は別の機会にとっといて
そんなぼくが

ふとノーテンリーチチョンボって厳しいなって
思ったわけですよ

まあ僕自身ノーテンリーチって5000局に1回ぐらいかけてるんじゃないかってぐらい多い派閥なのかもしれないから思っているのかもしれないが

チョンボの裁定から一応ルール上禁止されている行為と捉えて問題無いと思っているしこれに異論がある人もまあいないと思う
でノーテンリーチ打った時はどのような結果の時であれ
展開ヨレて申し訳ないなぁと毎回思っているわけですよ
しかしながら、流局しないと咎められないので
展開ヨレさせるサイドからしても
咎められないって
えっルール上問題無いの?ってなるわけ

てかそもそも、ノーテンで手に蓋した時点で期待値で大きな負債を抱えているわけでそれで十分やんとすら思う

これに関してはルール整備創成期とは時代が違うだけってのはあるのだろうけれども

で結局、流局しなかったらノーテンリーチって錯行為ではないと判断して良いのかな
ていうよりノーテンで蓋した時点で不利益を被ってんだからそれで十分じゃね?

と思ったわけですよ

そもそも咎められようと咎められなかろうと展開に大きなアヤを生んでいるのは間違えないんだから
開き直って認めてしまえよ
ぐらいの感覚である

ブラックジャックのインシュランスぐらい損でしか無いからやる人、やるシーンってそんな存在しないだろうけれども
空ポン空チー誤ポン誤チー
の裁定と比較しても
厳しすぎるやんと思った

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


たまにはアニメのレビューでも書いてみよう

まあアニメはそんなヘビーには見ないが割とライトには見る方である

だいぶパチンコの影響なのは秘密だが

暗殺教室なるアニメを
少し前に全話見終わった

話の全容としては
お化けがいてこいつが先生で暗殺対象で
優秀な先生で生徒たちは学習しながら先生を暗殺するという話

だいぶざっくり

生徒たちが成長していき
また色々な思惑、教育論の交差など
があり
コミカルなシーンも多く面白かった

でふと思った

純黒お化けメンバーがいる
これがまた
同卓機会が全出走の20%で収まっているのかというレベルである
よっぽど余裕と自信があり探究心が強いので麻雀を割と教えてくれる

で、まあこの人を倒さなきゃいけないのだが

あれ、これ暗殺教室やんと思った
結局麻雀ブログであった

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ