カテゴリ: 闘牌録


麻雀のあがり形は基本的には
4面子1雀頭で構成される

例外として
七対子・国士無双というのも認められているが
これらも基本的には自分の手牌13枚+あがり牌1枚で構成される

そして
それ以外にも例外中の例外で
フリー雀荘で多く採用されている
河で作る 流し役がある
ヤオ中牌のみを切って流局して成立する
流し満貫
通称長嶋茂雄名誉監督

お値段満貫がスタンダードな気はするが
条件付き東南戦だと倍満だったり
サンマだと役満だったり
とローカルルール故にローカルな部分が多い
埼玉の店で鳴かれたら跳満鳴かれなければ倍満みたいな店もあった

フリー雀荘だと面倒を回避するためにあがり扱いで積み棒本場全部回収するのがスタンダード
天鳳だと流局扱いでややこしいルールが採用されている(詳しくは知らんが)


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


三四(五)五(⑤)⑥⑦2334579

手拍子で打五したが聴牌枚数
良形聴牌枚数
二次変化
期待打点
どれとっても打9
雑魚

ちなみに
打五
聴牌 123456789 9種29枚
6枚以上待ち 789 3種10枚
二次変化 なし

打9
聴牌 二五13467 7種24枚
6枚以上待ち 二五1467 6種20枚
二次変化 三四六七25で受け入れが広くなる

冷静に聴牌枚数は打五のが優秀だったが
それ以外で圧倒的に劣る
終盤以外場況なしは冷静に打9

ちなみに
次巡 四引いてファッキュー
でリーチ受けて3引いて追っかけリーチ
リーチ者から六が出る
はいあがり逃し
ちなみにその六をぼーとしてて見逃しても三ツモ
その三を勢い余ってツモ切っても六ツモ

先制者がカン⑦ツモッて6000オール

お話にならない

まあ7鳴かれてたかもしれないからね
うん


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


吸い込まれるようにまた行ってしまった

とりあえず女の子がいっぱいいる
集計の表を見た感じ3000点ごとに100ひまわりずつ変わってた
そのくらいのルール感

でこの界隈の雀荘ドリンク代っていう入場料のようなものがかかる
相場は知らんがクエストでは200ひまわりだった

このひまわりたしか入店料500ひまわりだとか

麻雀慣れてない初々しい感じを見に来てほっこりしてるから
麻雀の勝ち負けとか心底どうでもよく
ほっこり楽しめるから案外好きなのだが

で相変わらず符計算がないのに苦しめられる
リーチ七対子の横移動が3900なのを眺めて
ああなるほどねぇって
ホンローチートイドラドラ 跳満
なるほどねぇ いやこれは普通か
みたいな

リーチのみ1000点
っていうのがなかなかシュール

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


名古屋のギャル雀

女の子がいっぱいいた

赤が各1枚入っていてリーチ祝儀
リーチをかけないと祝儀はもらえない

例によってアガリ連荘

そして最大のポイント
符計算は排除
全部30符の点数で計算される

これがなかなかをもってこんがらがる

リーヅモ平和ドラ これが満貫になる→お得!

メンタンドラは3900になる→損!

みたいな感じ

麻雀の結果は奮わず...

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Aルール
とやらが
25000持ち30000点返しで順位ウマなしで配給原点沈みウマが▲10つくというなかなか変わったルール

祝儀は1発裏だけ4000点
赤は入っているがただのドラ

アガリ連荘

オーラスの親で3人浮きの状態から
沈んでいる人から出たアガリ牌を飲み込んでみた
ツモれば全員沈められるし他から出れば2人沈み出し
がまあまあやり過ぎだった
横移動でトップ取りこぼしてバンバン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ