カテゴリ: 闘牌録


トップ2着でイージーに1セットクリアし

今月3+3+2+0=8

とまあ好調

2セット目

特に何もない3着を引いて
2G目

2018090613gm-0061-0000-c1e5edf7&tw=2&ts=3

このいとうが
まさかの白鳴かず
2シャンテンtoシャンテンだと手詰りが怖い

横に伸ばせばまだ夢と希望に満ち溢れた手につきふかし

20180906

が五引いてこの聴牌47に受けたのは④七引きで三色手替わりだから

2018090613gm-0061-0000-e32d66de&tw=3&ts=1

この三対リーチに捌きに行くなら当然押す牌だが
下家のケアを完全にしてなかった
終盤リャンチーの1副露でそんな無理して捌く必要なかったかなぁって感じではあるがしゃーないかなぁ

2018090613gm-0061-0000-e32d66de&tw=3&ts=4

からの跳満上がってよい流れのオーラス
これマンツモされると南入
倍満以下なら即ラスはないし
方筋1本程度押してもよさそうな気もした

がしかし放銃したときの3着率ラス率の急上昇具合が半端ではないので
アガリ価値指標がめちゃくちゃ低いので降りで正解臭い

これがフリー雀荘とかだとトップ決めに行ったほうが良い感じはする

このリーチが裏のらずの1000,2000でトップ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2018090422gm-0061-0000-ccdb0120&tw=2&ts=0

血迷った3副露から親を吹かせてしまった
これ下家の副露が役牌バック含みで三色も見えてドラが若干危ないと感じて
強引に染めたのだが勘違いしていなければ筒子234面子捉えて白バックで上がっていそう

がまあ何とか上がれてオーラス

2018090422gm-0061-0000-ccdb0120&tw=2&ts=5

この点棒状況でこの配牌だと
指くわえて満貫作れたらいいなぁと思いつつ空気やってればいいんか

親が一回上がるのを許容していいか
むしろ推奨(アシスト)したほうがいいのか
許容したところで
リターンが1局増える
リスクが1局増える

なんかメリット小さいなぁって感じはするが
捲らる危機がまあまあ薄くてラス落ちは事件か変なダブロンでも打たなきゃ起きなさそうなので、オーラスマンツモ条件の8%の抽選受けに行ってもいいのかなぁ

とも思ったが積極策とるほどではないよなぁ

これが配牌通りに対面がアガリ2着


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


20180904a

これ6s押すイメージあったんだけどなぁ
3枚使い2種

3枚使い1枚切れ3メンチャン
追っかけにつき広くしたが

意外と8って手もあったのかもしれない
ショーもないの拒否プラスうけまあまあ

まあなにって先制打っているところが一発で7s掴んで
わぁーー!!
ってなった

2018090415gm-0061-0000-0d4b4e1e&tw=3&ts=3

からの今まで何も考えずに打っていたこのリーチ
統計で勝つんや!
っと今のアガリ価値指標ってと思ったが
これアガリ価値指標0.3ぐらいでも採算合いそうだなと
これはリーチとしてみたのだが
さすがにあってるよね??

マンツモとどっからでも満貫じゃあ大きな違いあるっていっても
マンツモよりしたにはしたいし

これをツモって裏のっけて跳満にしてオーラスもドラ切ってイーペーコ拒否して5800上がって

トップ


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


新しい仕事を始めることになり

雀荘の仕事は先月いっぱいでやめた


さんまをこんなに大量にやることは初めてで

成績も芳しくなかった

すごく降りなきゃいけなくて
なおかつ完全に降りずに捌きにもいかなきゃいけない

ころころ変わる場況を常に判断しなくてはならない

安易にリーチをすると回されて追いかけられてぶち込まれる
(リーチを)打っていいのは打たれる覚悟があるやつだけだ

で、まぁ麻雀の引き出し増えたかなぁって感じはするが

もうサンマはしたくない

今更新しいゲーム覚えるのもしんどいな

って感じなぐらいヨンマとは別ゲーなのを感じた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


D級予選を突破した翌日

D級

D級は総勢64名を各16名の4ブロックに分け
各ブロックごと5人が勝ち上がり8名が降級

まず半荘5回やって総当たりとなる
そしてその時点で1位の人の勝ち上がりが決定
その時点で下3人が降級決定となる

残った12人で襷掛けでもう一半荘して
残った勝ち抜け残留が全部決まる


1半荘目
南家スタート

手が入り親番で満貫を3回あがれトップの上々の滑り出しで
デカトップをとれた

からの
2半荘目
起家スタート

終始4人が競り合っている状況
でラス前3着目で
1000,2000は1100,2100ツモでオーラストップ目で迎えられると愚形1300リーチ
これをツモり、1枚1枚と念じて乗っけてトップ目でオーラスを迎える

オーラスの平場で時間打ち切りとなったので本当に1局勝負

ラス目は若干条件厳しいが誰から満貫上がってもトップ
上は1000点でも上がればトップ放銃すれば3着という僅差

この時トップをとりたいという気持ちが強すぎた
当然3着目は無限に手牌縮めて前に出るのだが

こっちもペン四鳴いてペン六の聴牌が取れた

この時3着目が3副露目7sチーして
手出し2s
チーして出ていった牌のマタギは危ないとはいうので14は度本命のようだが
この直前の2sをポンしてないので22が対子の形が否定されるが1223456で持ってたとかからの食い延ばしとかはあり得ないことはないがそもそも2sより良い単騎切ってそう(よく覚えてないしそこまでよく見てないけど)
であり得るのが1sヘッドあるいは単騎ないしシャボ
5667で持ってたところからのくっついたチーてん
手か度本命は112とかで持ってて超ぶくぶくに受けるなら引っ張るみたいな関係ない牌ってので索子おすき全開
先切りがさすがに過ぎる筒子の上ほぼ否定
しかけの上家の牌と合わせて良形ほとんど通っている萬子もほぼ押す

索子くっつきってターツが足りてないのが不自然なぐらい河に真ん中が切れているので58も押す

そうすると残ってる筋もう②⑤と①④しかないんだけど

で捕まった②
なんか筋を数えなおしてまだいける
とか言って押してしまっていた
正直集中力が切れていたというか何かが抜けていたというか
マジでぬるいもったいない放銃をしたてしまい
2着取りこぼし上下20点

そもそも1戦目トップとれたのだがここは無理せず2着を取れれば十分だった
条件戦に対する意識が弱かったなぁと反省
手牌ないし手牌読み云々じゃなくて条件戦に対する場況の対応が不十分だったなぁと


引きずらないようにリセットしながらパーラメントロングを嗜み


3戦目
南家スタート

親の爆発を1人のみならず2人に許してしまい
苦しい点棒でラス前

何を血迷ったのか親のちゃんた含みの仕掛けの最終手出しの周りの7sが出ていくルートをわざわざ選択してしまい放銃12000
役ちゃんた三色ドラ
これでるの?みたいな反応だった感じはしたがむしろ俺が一番驚いている

でこれが響いてラス

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ