2番目の男で良い(仮)

麻雀はあまり好きではない

カテゴリ: 読書感想文


文字通り統計が書かれた本

アガリ価値指標なる言葉が出てきて
点棒状況と押し引きの着順込みの期待値等がわかりやすく表現されていた

麻雀の構造に関するデータは興味深いデータだったけど
北家が有利って言われても、人生で何回選べる局面があってそれで大して有利じゃなくない??
ってぐらい戦術的価値は薄かった
けど席別の平均着順については興味深かったが、人によってラス親得意苦手とかもありそう

2章の点数と順位に関するデータが結構面白くて
局収支論と平均着順のデータが戦術的価値が高いと感じた
ルールにおける差がデータで書かれていたのも面白い

聴牌判断に関するデータの考察を鵜呑みにしようって感じで
今まで元気リーチ打ってた部分が
統計という圧倒的説得力のある言葉で我慢できるようになれるかな
って感じ
被先制のダマ5200のあたりだけだけど


もともとリーチの偉さを
『科学する麻雀』で学んでいたから
全体的な傾向として曲げすぎなことはあっても曲げなすぎなことはなく
曲げすぎのほうが曲げなすぎよりも全体としては損は少ないと思っていたから
これは黙るの基準をある程度見直せた




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


雀ゴロKさんの本の1冊目

強い人がそつなくこなしていることが書いてある

今となってはほとんどが基本的なことが書いてあって
そんなに難しいことは書いてない

アガリトップは全部鳴け
やら
テンパイからは押せやら

僕自身 創成期にこの本は読んでないが
この本を愛読した人の影響はほどほどに受けたので
わかりやすいな
基本だなぁ
って感じ

結構オススメ
2冊目より基本的な内容で
牌効率ドリルみたいなのが概ねできる
麻雀始めて200半荘から500半荘とか
牌効率はだいたいわかるけど信じられないような赤叩くとか
って人にススメたい


ちなみに
これの次は

がオススメ

そんなに多くの本読んでる方じゃないからなんとも言えないけど

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 
最近読んだわけではないが
発売した当初にタイトルが気になって購入した本

なんか転がり出てきた

やっぱりコンセプトが面白い

ネットにはない要素に対するピックアップが多いので
ネットと実際の対局の違いを明文化しているのが良い



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


いわゆる雀ゴロK本2

タイトルが生々しいところが好み

数年前に友人にこれ読めって渡されたが
戦術本を読むほど勉強熱心ではなく
完全にペチュニア状態

関西に遠征することになったので行きののぞみで読んでみた

概ね知ってたり自分では考えがまとまっていたりするのだが
ちょいちょい意識していなかった項目が出てくる

内容はわかりやすくとても良くまとまっている

吸収できた内容,再度確認できた内容も少なくはなかったのだが

こんな本が出るからフリー雀荘のレベルが上がるんや

っと迷惑な気持ちになった側面の方が大きい

内容は流しながらしか読んでないが後半は人がやってるのみて覚えた、みたいで知ってる内容が多かった
この本を読んで吸収した人の麻雀を吸収してるからいまの僕の麻雀があるのかと冷静に気がつく

ロジックが先行して根拠が薄いが
よく考えれば概ね言うことを聞いとけば良いとわかる内容

差がつく基本的な内容が上手にまとまっているので
牌効率と押し引きがある程度完成した中級者におススメ
読まないで欲しいけど

内容が良すぎて自分には一生本なんてまとめられないんだろうなと感じさせられるぐらい良かった
流しながらしか読んでないけど

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゼロ秒思考の麻雀 いわゆるゼロ本

先日のセレブリティルールセットで使わせてもらったプレイボール(小川町)
販売委託を受けているとかなんとかで買わされた
買うことができた1冊

タイトルから滲み出る,
「理解しているとは,すぐにわかるということ」
という昔化学の先生に言われた言葉を思い出し
タイトルに書かれているロジックが良いなと思って
前からほしいなと思っていた



当然この本のパクリオマージュ
...だかなんだかはわからない

赤羽さんのゼロ秒思考は読んだことないが
ゼロ秒思考の麻雀は読み終わった

ぼくは中学生で本など読まなくなってしまった
麻雀の戦術本も大概数ページで飽きてしまうぼくだが

この本,とても読みやすい
1行で総括,そしてだらだらとしない説明
さらに豊富に含まれるユーモア
あと字が大きい

全体的な感想としてシステムがしっかりできているから
強いのではないかと思う

むかし雀鬼流が一世を風味していたとき
雀鬼流のシステムをブレなく打てることが雀鬼流の強さの秘訣ではないか
みたいなブログだかコラムだかを読んだ

まさにそれがしっかり書かれている本という印象

ただし,麻雀がどんなに強い人でもすべての項目を
完璧なロジックで1冊の本を書けるなんてことはない(と思う)
これは違うのではないかな
と思うところも多かれ少なかれ

天鳳を主眼とした本という印象を受けたので
土俵が違うのかもしれない

ロジックの再確認,そして再考をできたのは良い機会だった

お勉強になります!,賛成,どっちでもいいんじゃない?,微差で反対,反対
1項1項に上の5つの感想を抱いたが,1つ1つに対して議論するのは控えたい

相手は圧倒的に自分より実績出してるし!


ただ一項目だけ取り上げたいのが
「ゼロ秒でホンイツに行け」の項目
いき過ぎではないかという感想を抱き
この間試してみた

これバランスが難しすぎる

故にブレやすい

我がモットー
「ホンイツもリーチツモも同じ2翻です」
に反する部分を感じるし

なによりブレやすくなるので不採用です.
こればっかりはアガリの偉いフリールールと天鳳ルールの土俵の違いもあるのかなって

ただ全体的に読みやすくて面白い本

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ