カテゴリ:闘牌録 > 必殺仕事人


さんまの本走で

筒子がものすごい伸び方を見せる

普通にヨンマのみせなら染めずに曲がっているのだろうが

大車輪(清一色七対子)が役満なので
けっこーみたい

で、まあ一日も終盤のほうだったのだが
疲れてんのか
卓が早くてわけわからんくなってたのか

まあよくわからんが

一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国 から 五筒:麻雀王国 を引いて
こんなん大体広い奴やん、よくわかんねと思って
四筒:麻雀王国切りオープンリーチ

でよくよく考えてみたら
三筒:麻雀王国七筒:麻雀王国しか待ちがない

逆にね??

なんかめっちゃ恥ずかしい
もう明日から出勤できない...
リーグ戦欠場しちゃおうかなぁ
ってぐらい恥ずかしい

と思いながらトップとってきました


ペーパーテストの点数一番よかったんだけどなぁ...


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日
新宿の4人打ち東南戦の店に行ってきた

10時出勤で普段の12時ないし13時出勤より早いうえに前日寝付けず

5分ぐらい遅刻しました
すみませんでした

遅刻してなにがすげーって1卓まるで立ってるという
もう少し寝れた...

で、本走9本打ったんだが

久しぶりに4マ
別に不意ではないんだけね

チーの仕方を忘れてしまったのか
「チー」→小停止→取牌→打牌

いや...競技じゃない...フリー雀荘


久しぶり萬子とこんにちはをしたせいなのか牌理のミスを散見したり

単に手は入ってなかったがそれにしても刺さりすぎ

もっと耐えられたなぁとは思う

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全赤さんまについて少し考えた


まずリーチ基準

やくありリャンメン跳満はダマ
満貫も4本折れ→5本折れのリーチは原則打たない

ただしおいぱんは打つ

やくあり愚形もダマ
ただしはねまん以上の2軒目なら曲げ

倍満はダマ

聴牌取らずはほとんど禁止
手替わり見てトリダマはあり


次は仕掛け
遠くて安い手は鳴かない
チーもなし仕掛けることによる速度アップが薄いのに対し圧倒的に手詰まりやすくなる

ただし簡単なポンテン1000点とかはしっかりとる

1鳴き3向聴とかはうっかりチートイ目とか考えると得はない


押し引き
あまりに手牌がキラキラしている時や
露骨に安そうな時以外は親への放銃は絶対悪

あがりの平均が5本折れ以上だと思われるので親の1.5倍の攻撃力の違いの意味がでかい
よんまの子の平均5000点ぐらいが親だと平均8000点ぐらいになるのとはわけが違う

子供の時は捌きの手組も極めて大事
相方の子と捌きに行くことをよしとする構えで露骨にたかそうな時を除き甘めに打つ


というのが親と子を強く意識しながら数日打っていてこんなもんかなぁ

ってなった

基本的に曲げると露骨に出ずらくなる
+
手に蓋をするのが結構重い
ってはなし

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日アベマtvなるもので
麻雀駅伝なるものが放送されていた

団体ごとに4人のチームを組んで

それぞれ走者が

東風戦
1発裏なし
サンマ
RTDルール

で麻雀を打ち繋いでいく番組

で、さんまを見た

解説も込みですごく参考になったなと

自分と比べた時に特に思ったのが2点で
・親と子の意識が強い
・守備意識が高い

守備の重要性が高いのはいまさらなのだが
たしかに往々にして打点がインフレ化するから親の1.5倍の価値は高いなと

で、親の扱い方ってのが見ててすごく参考になった

子が2人のうちどっちかがさばきに行かないと親の言い分が通り過ぎるのかなぁと思った
自分が子の時にもう片割れの子に甘く打つの含みにして

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前半戦アホほど吹いてたのがすっかり並まで戻った
必要以上に刺さっているのではないかというような気もしなくはないが
主たる原因も考えつかない

麻雀の中で大事なテクニックとして
食い伸ばしという技がある

24567と持っていたら
568はチーするとこのカンチャンがリャンメンへ昇格する
フリテンの食い伸ばしをすると手牌が露骨に透けてしまうので注意が必要だが
てかなんかチーして若干遠い同じ色打ってたら大体食い伸ばし
ってぐらい現代麻雀では
皆が多用するし
終盤を除きツモ番1回スキップして手牌縮めてでも待ちを広くした方が良いというがマジョリティではないかなと

そんななかフラットな親番でこんな向聴

三四③④⑤2455(5)67北

6巡目とかで3は体がチーテンを取るのだが
5を叩くかどうか考えている中上から5が切られたが勢いよく牌山を触ってしまったので気にしなかった
後から後ろ見してたメンバーに「5チーって弱いかな」と言われたが
僕は完全に頭の中でポンかどうか悩んでいた

鳴くかどうかは置いといて上から鳴くなら
たしかにチーだなって
知らなかったというかなぜか上からはチーの意識がなかったなぁ
なんでだろうかと実力不足を悔いながら
ただ鳴くかどうかの是非がやっぱりすげー微妙
受け入れが死ぬほど広がって最終形の形良化もかなり太く望める
けれども打点が露骨に落ち5800の望みもだいぶ薄くなる
から順目がすげー微妙
祝儀1万点とかで赤金いっぱい入ってるルールなら鉄鳴きだし
面前祝儀の重い東南戦なら割とスルーかなって感じもするが
祝儀4000点赤3金1ウマ20-40だと1番微妙な感じがする
もう少し深ければ鳴きたいし
浅ければまず鳴かないし

ただ食い延ばすぐらいなら二五のチーテンを取らないのも中途半端な感じするし
でもおれは6巡目は良形側はまだ焦るんじゃないと基本的に仕掛けない
祝儀1万点でも赤金受け消えるなら鳴かないぐらい

でもこれ鳴くだけで形が露骨に良くなるで
あがり率も露骨に違うだろうし
鳴いた方が良さげだなって58チーだけは
5ポンは要らなそうだけど

と、カン3リーチが空振ったことを噛み締めながら考えた

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ