カテゴリ:闘牌録 > セット



序盤から刺さり続ける
ひたすら手が入らない

とにかく掴む

たまに赤五ツモる

というのを繰り返していたら

役満とかオールスターとか事件という事件も発生しなかったのだが

-40本以上を叩くという珍事件

なんやねん

今月どーなってんねん

以上でーす

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


同期のセットをやった

競技っぽくがちがちにやりたくはないしやらず
オーソドックスなフリーの感じでやっていたが

最初に確認したのだが

三味線はありとのことだったので
腕が鳴った

三味線っていうのは手牌に関する情報に対する嘘、あるいは誤解を与えるような言動、行動をすることであり、かねて昔から麻雀業界では悪とされている

歴史的にはこんな事件があったりと
まあルールが不明瞭な部分が大きいゲームなので全員で一定のモラルを持たないとゲームが崩壊してしまいますよ的な意味合いが大きい

真面目な対局とかではこれは技術介入要素ではないとされているが
線引きも難しい

テレビ対局とかをみるとなんの変哲もない一択のリーチの前に一呼吸おいているのとかも見るが
あれはどうなのとか思わないことはないし
まあ人によって価値観は違うし結局線引きがむつかしい

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


いつもの
ソウビンサンマ
 
1人浮きなら+4,-1,-3
2人浮きなら+3,+1,-4
ってやつ
チップが0.2
飛び賞が飛ばした人に1
赤が各1に北を抜いて赤を1枚入れて赤3
オールスターは祝儀5枚
役満は5枚-10枚

ツモ損はなしになっているが
100点棒が煩わしいので単に切り上げにしたので満貫未満でのツモ損がやや小さくなっているはず

ちょっとルール変更されたが
以前との大きな違いが
おれ、サンマ修業した

サンマの本走をおそらく300本以上したので

一九字牌の処理の順番とかそういう細かいのとかも考えながら
サンマについて考える機会が多かった

序盤はまずまずで

中盤で

なかなか先制のとれない
ひたすら降り続ける
少し苦しい展開が進んだ

誰かの名言
「サンマはマゾゲー」
という言葉を思い出しながら

ゆーて
思ったより刺さってはいない

オールスターバチコンしたりしてたから
祝儀がまあまあ強かった

そして
その時は唐突に訪れた
高くて軽い手が永遠に入り続けるゾーン突入
6巡目国士無双聴牌を含む
4連勝とかしていたらしくて

最終結果

+30.2

ご馳走様です

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大阪で退勤後にやった

1飜1点とかで数えツモれば全員から
であがればその人だけから点数が貰える1局精算サンマ

日本の東では割とメジャーなサンマ

一九北が抜きドラで
場合によっては自動卓の設定を3花にして五いれて五まで抜きドラにする(ガリと呼ぶ)

一九北はそれを使わなきゃあがれない役満の時のみ使えるというケースが多く
切ることもできない

あがると場ゾロの2点がついてくるルールだけ全ルール共通で
あとは
1飜2点だったり様々なルールがあり面倒

ガリなしであがるのをカラスと呼び
役満だったりいろいろスーパーオプションがつくのが普通

都内で死ぬほど打ってきたルールだし
東天紅ならじわじわ勝つやろ

思うてたら

まず社員が鬼のように打牌が速くつよい

そして大阪のアルバイトの子が
ふつーにサンマ育ちで
ふつーにつえーーー

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


レートがなしで
35000点持ちで35000点を原点に10ptを総ビンで握る三人打ち麻雀

総ビンとは総ビンタのことで
ビンタっていうのはサシウマの一種

サシウマとは卓内の特定の相手より着順の優劣を競い
その結果で下位の者が上位の者に金品を支払う

ビンタは定められた点数(クビと呼ぶ)を
一方が超えていて,他方が超えてなかった場合
支払う金品の量が倍になるというルール.

今回の総ビンはこのビンタを全員が全員と握るルール.

とやや難解な書き方をしたが

要するに
35000点より超えている(浮いている)人の人数によって勝ち負けの嬉しさが変わる順位戦.
1人浮きならトップから +4,-1,-3
2人浮きならトップから +3,+1,-4
ちなみにレアケースの35000点ぴったしがいた場合は +4,0,-4 とした


そのほかの補足ルール

萬子の二~八を抜く
北は抜きドラ,手牌でも使える
槍北あり
嶺上牌を4トン残して北を抜いたら嶺上牌から手牌を補充,ツモの場合は嶺上開花がつく
ツモ損,ツモピンあり
ツモったとしてもヨンマの点数をそのまま払う
一発赤裏に祝儀2pt
赤が各5に入っていて鳴き祝儀
役満の祝儀はツモ10ptオール,ロン20pt
オーラスのアガリ辞め聴牌辞めは何着でも選択可
飛び賞が飛ばした人に10pt

そして,北が1枚赤五に代わっている
この赤五
リーチ後にツモると強制あがりのオールマイティ牌になっていて祝儀もつく
リーチ後以外は北扱いで祝儀のみつく(抜いたら都合でドラ1)

赤を3枚全部集めてあがるオールスターは祝儀10pt


このルール,浮きの2着に価値がある
そして1人浮きのまま終わらせたいなどの差し込みが要求されたり
場況判断が豊富

まあほぼ僕が勝つためにほぼ僕が作ったルールで
今まで通算で勝ち尽くした

今日もお年玉を頂戴しようかと思いながら臨む


1半荘目 2人浮き飛ばしトップ
上々の駆け出しだが1半荘目ラスのほうがその日の調子が良い
という謎のジンクスと共に不安な気持ちになる

2半荘目 2人浮きラス
まあそんあもんか

3半荘目 1人浮き飛びラス
あまりよろしくないがまだまだ長いので気にせず

4半荘目 2人浮き2着
5半荘目 1人浮き飛ばしトップ
6半荘目 2人浮き飛ばしトップ
7半荘目 2人浮きラス
8半荘目 1人浮き1着

1枚目の帳面が終わって±0
まだまだ長い

9半荘目 2人浮き飛ばし2着 +2
10半荘目 2人浮きトップ +3
11半荘目 2人浮きラス -4
12半荘目 1人浮き2着 -1
13半荘目 2人浮き1着 +3
14半荘目 1人浮き飛びラス -4

ここで一回集計してみて -1
ちなみにあとの二人が+2,-1
非常に平たい
過去になく穏便である
再度帳面が変わって

15半荘目 2人浮きラス -4
16半荘目 2人浮き飛びラス -5
17,18半荘目 2人浮きラス -4×2
19半荘目 2人浮き飛びラス -5

ここでタイムアップ〆て-23
祝儀が-6枚で
お会計242ptになります.

ファーーーーーーーー

初めての大敗
はい.最後の帳面の僕の欄右側にしか数字書いてないです.
前の帳面から合わせて6連ラス
このルールで長丁場でやったらほぼ負けることはないと思っていたが
奴ら,サンマを勉強してきている.

そして,細かい牌効率のミス,細かくない押し引きのミスが目立った.

ちなみに,ほかの二人の帳面が
+14,+9で祝儀を合わせると
+11.8,+12.4
祝儀で逆転していた.

それなりに祝儀率高いルールなんだな.


お疲れ様でした.


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ