カテゴリ:闘牌録 > プロフェッショナル


前走のクラシック5組で惨敗

このルール最大のネックは
一発と裏がない
ノーテン罰符がない
アガリ連荘

であること

ほとんどアガリが発生しない上に点数がデフレしているので
1000点の価値は大きい


1戦目は
手牌縮めたところからの降り打ち期待のリーチ棒が祟り26400点持ちラス

2戦目
オーラスラス目北家ドラ發:麻雀王国
トップ目といっぱい差
2着目と3700点差
3着目と100点差

2巡目にこの聴牌
二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国

フリー雀荘ですら外しそうな巡目手格好で
曲げた瞬間3着確定のリーチとなるので1ゲームめラスだった関係もあり渋い
二索:麻雀王国聴牌外しからの
ツモ一萬:麻雀王国四索:麻雀王国ツモ三萬:麻雀王国

一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国
この役なし聴牌を黙る

3着確定のリーチを打って手に蓋してもしょうがねえだろうと
そんなことより一通の手替わりで上までぶち抜けたほうがよくね?と

してたらそのうちトップ目がポンとか言ってきたので牽制のリーチを打とうかと思っていたら
ツモ九萬:麻雀王国

三萬:麻雀王国リーチ

数巡後ツモ2000,3900

なんかすげークラシックだなぁ
と思いながら2着

3戦目
3着目からオーラスラス目の親
手がものにならず流局間際
親は手を縮めている
僕は3着では不満が残るポイント状況
抜いて連荘してもらうか次に期待を込めるか悩んだが
素直に降りて3着

4戦目
早々に満貫打ったところから
順番に満貫つもられて見るところもなくラス

上位が5戦目に行けるのだが
食い込むこともなく
敢え無く敗退

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一発裏がないという未知の世界のルール

リーチをしても打点が大してついてこないので
まあ役がいっぱい欲しい

あるいは仕掛けて上がり続けるかみたいなゲームになる

ノーテン罰符がないので
リーチしてても手牌を開示なくて良い

すなわちルール上ノーテンリーチが認められている
供託が高すぎるので打つことに意味はないが

このノーテン罰符がないということは
加点のチャンスが和了にしかなく

また同時に1000点の価値が非常に高い

で聴牌形が見れないことのネックとして
人の動きの確認ができないので傾向が立てにくい

これリーチ棒が重すぎるので役ありは全部黙っても良いかなぁという印象を受けた

曲げると1番良い点数って2600や3900から5200やら7700になるあたりなのかなと思った

あがりれんちゃんなので
一撃ぶつけて逃げ回っていれば勝てる感じ
一撃ぶつけるのが難しいんけどね

点数がすごくデフレしているのでウマも4-12と小さくなる

ルールがデフレなので満貫はかなりの決定打だと思ったほうがよい

がなんか1戦目は満貫2発打って焼き鳥ラス

2戦目

一索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国九索:麻雀王国九索:麻雀王国一筒:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国
リーチを受けてこの手牌
ちなみに宣言牌は三筒:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国どっちも押すのは気持ち悪かったのだが
まあとりあえず二筒:麻雀王国押して黙るのだが(ポイントも持ってなかったしゆーて安牌もなかった)
ここに八索:麻雀王国を持ってくる
一筒:麻雀王国

したが満貫が決定打なのにさすがにやりすぎた
九索:麻雀王国切りリーチで十分
ここから四索:麻雀王国引き聴牌をしたのだが
もうこの時点で跳満アガリ逃しといっても過言ではない
で三倍満まで見える曲げをぶち込んだが
先制サイドにツモられる

このデフレルールの中 4回戦終了時

△99.7pt

完全に跳満のアガリ逃しやら
ルールにマッチしてない
てかどのルールでもよくなさそうなミスを連発してしまったのが敗着

ちなみに​59人中59位でした

素点で5万点以上失っているのだが
何事だったのだろうか

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


自分がしのげれば
上が落ちてくるだろうぐらいの
弱い志で第4節に臨んだ

抜け番はポイントを多く持っている人から順番となり
3半荘目


1半荘目
 
やれ2900だぁ18000だぁが横移動するのを眺めながら
南2局

上3人団子で下が抜けた状況の親番
ラス目からリーチ受けて

この手牌
二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国 東:麻雀王国東横:麻雀王国東:麻雀王国 ドラ九索:麻雀王国

ここに二筒:麻雀王国をもってくるのだが
手牌安牌なし
7700上がれば
上々なので目をつぶってドラ表の八索:麻雀王国を押して通った

がしかし
よくよく考えてみると
五筒:麻雀王国が通っていて一筒:麻雀王国が4枚切れ
二筒:麻雀王国は単騎しか当たらないし
本線は降りのとりあえずの二筒:麻雀王国もありだったなぁ
と思いながら目の前を七索:麻雀王国が流れていった
なんとも言えないが2900のアガリ逃しをして

オーラス
上と3900点差
下と3900点差
の2着目
供託1本1本場
500,1000は600,1100で同着(ウマオカを分ける)
2600は2900を横から上がっても同様
と思いながら聴牌流局

こんどは供託1本2本場

相変わらず2000は2800はぎりぎり足らないなか
5巡目にしっかり捉えた
平和ドラ1の聴牌
脇からでたら点数足りないので「リーチ」
ところがどっこいこれが上がれず2着

2半荘目
特筆すべきこともなく 3着


そういえば朝こんなイメージを持っていたが
夢かなわぬ

抜け番の3半荘目

そういえば1節から3節まで
最終戦抜けをしていたので
抜け番中どうすればいいのかわからなかった

少し休憩して後ろ見をしていた

後ろ見をしていても
これは鳴く、これは鳴かない
の基準がいまいち読み切れたり読み切れなかったりなので
それは気にせず

リー牌の癖とかに注意していた
なかなかアガリの確認しながらリー牌の癖とか
できないので

まあリー牌の癖を見つけたところで
そんない生きてこないんだけど

4半荘も手出し自摸切りどこから出たかなんて見てられないし

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


でた

準決勝でニブイチ

決勝卓がスリアロチャンネルで放送される


 
32人参加の全6回戦
うち3回戦で半数脱落
4回戦目にもう半数脱落
5回戦でもう半数脱落する
全半荘ポイント持越し

1半荘目

東発親番でダブ東を仕掛けてくっつきのイーシャンテン
これがヘクリ続けて上がれず満貫の親被りから
東2局
700,1300ツモ
東3局 親に色々やられて
もうなんだかんだで
南4局4本場
とにかく800,1600でラス回避ハネツモで二着
トップは大変
って感じの条件でてんぱる
六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国

足らないし聴牌外してみる
と重い気や一発目③
ふぁーと思いながらラスり

2半荘目
オーラス2着目で3着目からリーチを受ける
リーチを受けることにより点差が3300から4300になる
ノーテン罰符で持ってかれる可能性もなくなる
ラス目も競っていて手も重く上も見えない
要するに鉄降りなのだが
一発を消してみる

でヒュンと降りていたのだが
リーチ後に⑦を3回持ってくる

流局
聴牌をみてみるてペン⑦

奇跡の食い流しで2着を守る

3半荘目
50000点超えのトップがないとほぼ脱落
東発12000放銃
なんやらかんやら東ラスには箱下を叩く

東ラス1本場で5200は5500をアガリ
いろいろあり迎える南2局
カンが入りドラ六萬:麻雀王国四萬:麻雀王国
四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国

ここから全部吹かして
5を持ってくる

渾身の安めデハネリーチ
一発で八をツモリ裏ドラは乗らない
数えてみる
メンタンピン一発ツモ二盃口ドラドラ
3+1+1+3+2=10

イーシャンテンの時
曲げた時
ツモったとき
と3回数えたが何度数えても倍満であった

これでもあと30000点ぐらいほしい

南三局 親番 安手で3本積んだがしかし
勝負手上がってこず
無理な勝負に行ってしまい

終了

お疲れさまでした


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


犬の散歩をしてたら
犬があるかねぇ

なんやねん
リーグ戦遅刻の危機や

と思いながら犬を引っ張り歩き
家に帰り
スーツを着て
家を出て
電車に乗って
電車を降りて
柳に入ったら
なんとまぁ1番乗りだった



オカルトシステムNo.97
「会場に一番乗りはその場の気を制す」
を思い出しながらアイコスる

人が集まり
5人卓で前節までトップなので抜け番を選べたので最後を選ぶ

真面目な話をするなら
抜け番は体力を前後半に分けて温存できる3番目か
全員の麻雀を見てから卓に入れる1番目が良い
が、まあぼくはとっとと帰りたいので最後を選ぶ
ゆーてただただ時間が短くなる最後も体力的に優位といえば優位

1半荘目
東発 500,1000をツモリ上場の駆け出しだなと思ったら3着

2半荘目
下家がジリ貧で迎えたラス前
ラス親のトップが8200点差
親のない3着目が20000点以上の差
で、箱下叩いてる親番がいる展開

トップ目からリーチ棒が出て
これはなんとかチャンスや
と思い2向聴からオブラートに押し続けたら親に仕掛けが入る
親の仕掛けがいかにもな間4軒⑤⑧待ちが気持ち悪い
がしかし、計算していた
1300,2600で300点差のトップ目でオーラスを迎えられることを
そして、平和ドラ1の向聴
テンパったら出ていったであろう⑧が3着目の上家からこぼれ5800横移動
2着が守りやすい展開になり
まあまあ満足な状況で南3局1本番
収入に対する目標を立てる
A目標が捲ってオーラストップ目で迎える展開
ツモなら1500,2900は1600,3000
ロンなら満貫
デバサイなら3900は4200
B目標がオーラス満貫親被らせで浮き上がる2000点以内に着ける
これは1000,2000は1100,2100
ロンなら5200は5500
デバサイなら2600は2900
C目標がオーラス1000,2000条件
1000は1300をどこから上がってもこれはクリアするので
手格好次第でどの目標にいくか考えながら手を伸ばしていく
二が2枚切れで一二二四と持っていてとりあえずいらない一を切ってみる
トップ目「ロン1600は1900」
七対子バンバンに打ったのだがこれはオーラス満貫ツモ目が残るので脳内で絶対に咎めてやるっとこころに決めて配牌を取る
はねまん直撃されると同着に並ぶ3着のリーチを無視して押し続ける
が、しかし上家「3000,6000」
3900を打つのはあぁはいはいだけどはねまんをツモられると3000点の失点がうるさく感じるこの現象はなんで呼ぶのだろうか
とか考えながら2着


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ