タグ:麻雀


(五)六七24①②②③③⑥⑥⑦

河も2段目の中頃
①も二枚切れ
ここから2枚目の3をチーする
少々強引な仕掛けな気もするが
すぐ②のポンができ⑧ツモ
少々強引だが
急所は鳴いてから考えた方がいいよなと思い結果的にうまくいった
割とオーソドックスな東南でもなくような基本的な仕掛け
こんな基本的なのがしっかり鳴けていたのでは無いかという印象

そしていつもよりリーチが打てた
まあ要するに手が入っていた

あるゲームで
リーチ受けて数巡目
鼻差で通ったゲンバリのカン七で7700の0枚の聴牌
こちらも降りてる様子の河で
脇も手詰まり気味に降りてそうで、いかにもすぐ出そうな感じ
ダマを選択
このルールで面前で聴牌してダマなんてほとんど存在しないのでは無いかと思っていたがここまであっさりとあがれそうでなおかつ打点がある程度着いてくると流石に黙った方が良さそう
あっさりであがったのだが
これであがったから良かったがツモれていたケースとか色々な側面があるので
あがった=正解の選択をしたと安易に考えてはならない
けどまあさすがに大体ダマだろうな
異常祝儀が故に逆にダマ的な

リーチのデメリットで赤金を入れ替えられなくなる
ってのがある

2万点牌の金が2枚入ってるとゆーてその意味がでかいのでは無いかという気もしなくも無い
降ろせるという点と曲げた時点で発生する祝儀の期待値という2点を凌駕するほどでは無いんだろうけどな

それ故に面前の聴牌なんてほとんど曲げているのに
いまだに白ぽっちをツモっていない
まあほとんど面前で聴牌しないってのもあるんだろうけどなぁ
こんなもんなんかなぁ

戦術的な話だが鳴き優位なルールで割と適応できていると思う
さするとリーチの唯一の強みの白ぽっちは割と邪魔な存在ではある
昔は白ぽっちは仕掛けの下手さをカバーできるので好きだったが今はそうでもない
ただそれによりほかのメンツの仕掛けが遅れるとかがあるのであればトータルでは○かもしれない
そして関係ないがパチンコの景品交換所も勝てねぇから俺には不要
25本イッタ

話を戻して

そしてptカードを置いてきた手前トップとった回数すらわからなくなってしまった
がまあいいか

12戦したのは間違えないのだが
たしか、4勝だった気がする

+42.8k
ご馳走様です

通算
67戦
+165.4k

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


12戦1勝
後の着順は覚えてないがとりあえず2着が多かった

1G目東発親フリテンの47をつもり4000オール4枚

から強引な押し少なからず
いつもより鳴けてなかったイメージ

割と卓のレベルも高く勝負手が300,500で流されることも多々

まあ終始メンバー2入りだもんな

10Gトップとれず11G目念願のトップ

ラストゲームで迎えた12G目
オーラスうえと9600点差
3着と4200点差
ラスが1100点みたいな場況
ドラ③

配牌
(五)八⑦⑦⑦2258東東白白
白→8
⑤→八

手牌
(五)⑤⑦⑦⑦225東東白白白

数巡後
東ポン→5
③→(五)
ロン④
5200点飛びは1枚

何の変哲も無い手順だが
東叩くまでずっと考えてた
これ暗刻ったらどーすんだろー
2or東が出たら鳴いて(五)単騎
よくよく考えたら面前の聴牌は基本リーチで捲り手順だった
簡単

⑥⑦引きはダマなんかなぁ
直条消すのもナンセンスだなあ

今年まだ達成してない役満に目が踊らされた感

結果
+26.6k

12戦1トップでこんな結果生まれるんか

ご馳走様です

通算
45戦14勝(トップ率31.11%)
+121.6k
収束が怖いです

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弟子「にゃおでオーラス下2人が飛び寸前。自分が2着目親番。トップは満貫ツモ条件。以下の手牌。」

二萬二萬三萬四萬赤五萬六萬七萬八萬四筒赤五筒四筒六索八索

弟子「上家から七索が出てないただけどさ。いいの」

いとう「たしかに着順ダウンの心配がほとんどなくて、ここで決めなきゃ厳しくてもったいない感じするけど」

いとう「河が2段目ならいいんじゃない」

いとう「全員が競ってて早い上がり目指してるからある程度スピード出さないと厳しいし」

弟子「これ飛ぶ人から出ててもあがる?」

いとう「2枚+とび賞の収支が確定するのに、不確定な着順アップを追い求めて収支あうんかなぁ」


と、鳴くし倒すしと結論を出してみた

フリー雀荘ではあがれるものはあがっておいたほうが大体収支は安定するから言った

が、大雑把に計算してみようと思う。

大雑把な計算なので
まず、無視する事象から。

①着順ダウンする。
②横移動で着順アップする。
③他家が全力で上がりを目指さない。

完全にないとは言い切れないけど

何事もなくこのまま終局したときの収支を0とする

出る:倒す チッププラス点棒プラスとび賞で +14000点

自分以外の人が上がったときの収支が平均でチップ-0.5枚(-1000点)とする
これめちゃくちゃ大雑把で適当な数字。点棒の収支も加味。

鳴いた上で倒さないでツモるとオーラス上がりトップで続行と加味
このときあがりと横移動で着順アップと適当に加味すると30%程度で着順アップ

見逃すということはフリテンのリャンメンだけど特定の場所からはあがれるのでそれよりは強い
リャンメンで3/4であがれるからリャンメン聴牌のあがり率の75%とするけどリャンメンの上がり率って40%ぐらいだっけ?
てことで大雑把に30%で計算。あがれれば収支平均チップ+3枚(+6000点)と計算。(点棒を加味してツモとロンのバランスを大雑把に計算)

次の局の上がり率は25% あがれば+10000点 あがれなければ-1000点で計算(とび賞とかいろいろ考えたがテキトー)
まくるとウマオカの差で+40000点

以下収支は点で計算

見逃す:あがれない 収支-1000 確率 70% 期待値 -700
見逃す:あがる→あがれない 収支+6000-1000=+5000 確率30%×75%=22.5% 期待値+1125
見逃す:あがる→あがる 収支+6000+10000+40000=+56000 確率30%×25%=7.5% 期待値+4200

見逃したときのトータルの期待値+4625点
1/3ぐらい びっくりするぐらいテキトーな計算だけどやっぱ収入確定はえらい。
仮に見逃して③⑥の上がり率が60%あっても確定する収支に追いつかない。
とりあえず見逃して、やっぱりあとから出たのあがる変則プレーはあとから出たのを上がれる確率なんてどんなにやさしく見積もったって20%ぐらいが関の山だと思う(要出典)なので期待値で+2800点程度。
やっぱり届かない。

結論 出たらやっぱり倒したほうがいい

いとう「今1000円あげます。ただ来月まで我慢すれば1万円あげます。」

弟子「今1000円もらいます。来月には貰えないかもしれません。ただ100万円なら来月もらいます。」

みたいな話。まあ100万となると信憑性がなくなるとかは置いといて

ちなみに僕は友人に3万円弱貸していて、この不良債権を2万で売る話蹴ったんだけどこれも収支確定したほうが得策だったかもしれないな。


ちなみに7を吹かすという選択肢
聴牌とシャンテンは雲泥の差で、しかも吹かしてあがってそのうちの何パーセントで捲くれるの?って感じはするのでお話にならないぐらい鳴いたほうがよいと思う(序盤を除いて)。
大雑把な計算をするのもだるい。ただいとうの中途半端なところとして良形サイドからは鳴きたくないんよね。てかたぶん鳴かない。うっかり埋まりやすいし。たぶん鳴いたほうがいいんだけどな。


考察
人生も麻雀も収入の確定は偉い。
確定を蹴るにはとても大きなリターンが必要。


弟子「じゃあ、ギャンブルしちゃだめじゃん」
いとう「... それでもしたほうがいいギャンブルもある!かもしれない


【関連項目】
見逃したお話① ←ギャラリーがいるからかっこつけて見逃した話
見逃したお話② ←金(キン)に目がくらんで見逃した話

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゼロ秒思考の麻雀 いわゆるゼロ本

先日のセレブリティルールセットで使わせてもらったプレイボール(小川町)
販売委託を受けているとかなんとかで買わされた
買うことができた1冊

タイトルから滲み出る,
「理解しているとは,すぐにわかるということ」
という昔化学の先生に言われた言葉を思い出し
タイトルに書かれているロジックが良いなと思って
前からほしいなと思っていた



当然この本のパクリオマージュ
...だかなんだかはわからない

赤羽さんのゼロ秒思考は読んだことないが
ゼロ秒思考の麻雀は読み終わった

ぼくは中学生で本など読まなくなってしまった
麻雀の戦術本も大概数ページで飽きてしまうぼくだが

この本,とても読みやすい
1行で総括,そしてだらだらとしない説明
さらに豊富に含まれるユーモア
あと字が大きい

全体的な感想としてシステムがしっかりできているから
強いのではないかと思う

むかし雀鬼流が一世を風味していたとき
雀鬼流のシステムをブレなく打てることが雀鬼流の強さの秘訣ではないか
みたいなブログだかコラムだかを読んだ

まさにそれがしっかり書かれている本という印象

ただし,麻雀がどんなに強い人でもすべての項目を
完璧なロジックで1冊の本を書けるなんてことはない(と思う)
これは違うのではないかな
と思うところも多かれ少なかれ

天鳳を主眼とした本という印象を受けたので
土俵が違うのかもしれない

ロジックの再確認,そして再考をできたのは良い機会だった

お勉強になります!,賛成,どっちでもいいんじゃない?,微差で反対,反対
1項1項に上の5つの感想を抱いたが,1つ1つに対して議論するのは控えたい

相手は圧倒的に自分より実績出してるし!


ただ一項目だけ取り上げたいのが
「ゼロ秒でホンイツに行け」の項目
いき過ぎではないかという感想を抱き
この間試してみた

これバランスが難しすぎる

故にブレやすい

我がモットー
「ホンイツもリーチツモも同じ2翻です」
に反する部分を感じるし

なによりブレやすくなるので不採用です.
こればっかりはアガリの偉いフリールールと天鳳ルールの土俵の違いもあるのかなって

ただ全体的に読みやすくて面白い本

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


五反田駅の改札を出て右に曲がり,右に曲がり大きな通りを渡り,ラブホ街をさまようこと10分.
これまたラブホの下に麻雀屋の看板が

以前から看板の存在には気が付いていたが,行ってはいなかったお店
まぁ~じゃんNext

ちなみにあいまいな記憶を頼りにグーグルマップに頼らずに歩いたため駅から10分かかったが
本当はもっと近い.信号次第だが5分もかからないのではないか.

ラブホテル「EmeralD」の外階段をビビりながら降りる.
よく考えてみたら地下の雀荘なんて行ったことがない.

煙モクモクの場末感マックスを想像しながらドアをあけると
あれ?明るい店内.どことなく心地よい感じ.

logo

まあこのロゴですげー怖い感じなんてことはないか.

ルールは割とオーソドックスな東南戦

  • 1.0-10-20
  • 赤3枚 鳴き祝儀200p
  • 役満ツモ1500pオール ロン3000p
  • 発声優先
  • ゲーム代500のトップ賞200

多少変わっているところが
流し満貫は自分が鳴いていてもリーチしていても成立する.
ってところ.

麻雀の結果は

11131323
4-2-3-0
+14000p

御馳走様でした.

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ